ナターシャの
「下半身がみるみるヤセる!」

下半身太りに悩むあなたのため、憧れの下半身を手に入れる方法、教えます。 正しい方法で挑めば、あなたの下半身だってみるみる細くなります。 魅力的な美脚づくりが実現するまで、私がバックアップするから大丈夫。 美脚痩身ノウハウの大人気メルマガ、「下半身がみるみるヤセる!」のバックナンバーです。

メルマガ登録はこちら

(PC用アドレスのみ登録可)

メールアドレス

メールアドレス

美脚指導歴30年以上の経験と知識にもとづいた、大人気メルマガです。脚を細くするためのノウハウは、簡単でわかりやすいと大好評!お得情報も配信中!

プロフィール

ナターシャ・スタルヒン

美脚クリエーター、ホリスティック栄養学修士として、マスコミ、講演などで活躍。人気著書に、「食べて動いて「美脚」になる50の習慣」、「セルライトがスッキリ美脚痩身術」など。

第147号 筋肉が脂肪にかわる?

   これであなたも超・脚・美・人!      第147号
 ∽─────────────────────────────∽
  ナターシャの
    下 半 身 が み る み る ヤ セ る 
        
  ダイエットすると胸ばかり小さくなって、かんじんの下半身は
  ちっともやせないと嘆くあなた。そんなあなたに、下半身痩せ
  指導歴約30年、美容健康界カリスマ、ナターシャ・スタルヒンが
  下半身をホッソリさせる美脚痩身術の全ノウハウを伝授します。
 
              URL http://www.nstimes.info/
 ∽─────────────────────────────∽
 このメールマガジンは、こんなあなたにおすすめします・・・
 
 ● お気に入りのパンツ、太ももで引っかかってはけない人
 ● ふくらはぎが太くて、スカートを履くのをためらっている人
 ● ゾウ足で、なにを着ても似合わない人
 ● 上は9号、下は13号しか買えない人
 ● 下半身のことがコンプレックスで自分に自信がもてない人
 ● もうちょっと脚が細ければ、人生変わるのにと思ってる人
 ● 深くスリットの入ったタイトスカートで、大胆に脚を組んで
   男性の視線を釘づけにしたい人 
 ● とにかく脚を細くしたいんじゃ~~~!!!という人
 
  さあ~、今すぐ見せたくなる脚にチャレンジ!GO!!!
 
 
 
 
 まるでジェット機にでも乗っているように
 毎日が猛スピードですすんでいる
 
 美脚クリエーター、ナターシャ・スタルヒンです。
 
 
 名前はもちろん、顔も、図体も、まるっきし外国人、but…
 なんでも完璧にこなさなければ気がすみません。
 
 このメルマガを書くようになってから、はじめて
 まるまる一ヶ月も配信を休んでしまいました。
             (ごめんなさいね)      
 
 携帯メルマガのほうは大安の日の配信を
 継続していたけれど、先日は夜中に誤配信。
(本当に、ごめんなさい m(_ _)m)
 
 空メール送ってしまったり、文章途中で送信したり
 
 何時間もかかって書いた原稿を
 一瞬にして消してしまったり・・。
 
 ここのところ、考えられないようなミスの連発。
 
 新しくだす本の準備が、予想していた以上に大変で
 時間ばかりでなく、心の余裕もなくなっているのサ。
 
 
 さあ、気をとりなおして、今日もガンバって、
 あなたの美脚づくり、いってみよっか~~~っ!
 
 
 
 ◇ 筋肉が脂肪にかわる?
 ◇◇--------------
 
 ある雑誌を読んでいたら、
 
 「筋肉の間に脂肪が入り込んで
  霜降り状態になると
  その筋肉はそのまま脂肪に変換されて
 今までよりずっと落ちにくくなる」
 
 な~んて書いてあるところがあったの。
 
 脚などにある骨格筋においては、
 脂肪が筋肉のあいだに入りこむことはなく、
 
 霜降り状態にもならない、ということは
 前号でお話ししたよね。
 
 今回とりあげたいのは、
 
 「その筋肉は、そのまま脂肪に変わる」
 という部分。
 
 全身の筋肉のうち、70~80%は
 下半身についているのだけど、
 
 その、半分は、60歳までに
 「脂肪にかわる」とも、いわれるの。
 
 でもね、現実には、筋肉が脂肪にかわる
 な~んていうことは、絶対におこらないの。
 
 
 適切な栄養摂取や十分な運動をして
 筋肉の保持につとめないかぎり
 
 筋肉はどんどん細っていくのね。
 
 筋肉はエネルギーを多量に消耗する場所で
 いわば、脂肪を燃やすカマドのようなもの。
 
 その筋肉が減ってしまう、ということは
 脂肪を燃やす場所がなくなるということ。
 
 つまり、 
 脂肪の蓄積が加速されていくっていうこと。
 
 筋肉が脂肪に変換されたようにみえるけど
 実際には、筋肉が細り、
 
 その部分の脂肪層が、単純に
 増えるということね。
 
 
 
 ◇ 筋肉保持をめざそう
 ◇◇-------------
 
 体重はまったく変わっていないのに、
 
 スカートのウエストが入らなくなった。
 ジーンズのジッパーがあがらなくなった。
 
 あなたも、そういうことあるんじゃない?
 
 これこそ、筋肉がへって、脂肪が
 増えてしまっているケースね。
 
 
 まったく同じ食生活をつづけていても
 筋肉保持に気をつかっていないと
 
 年齢とともに代謝は低下していって
 消費されるエネルギーも減ってしまうの。
 
 あなたのボディの筋肉と脂肪の比率がかわり
 体脂肪がどんどん多くなっちゃうのね。
 
 体重は、何年か前とほとんどかわっていなくても
 プロポーションはどんどん悪くなっていく…。
 
 
 同じ重さの脂肪と筋肉では、脂肪のほうが
 ずっと“カサ”があるのね。
 
 だから体重がかなりあっても、筋肉が多ければ
 体は引き締まって見えるし、
 
 逆に体重が減っても、筋肉が落ちてしまうと
 ぶよぶよ体型になってしまう。
 
 脂肪がどんどん燃えるスリムボディづくりには
 筋肉をしっかり保持することが必要よ。
 
 とくに下半身の筋肉は、絶対に
 落とさないようにしたいね。
 
 http://www.nstimes.info/02_03-2008/kinryoku_up_nicebody.html
 
 
 
 ◇ あとがき
 ◇◇--------
 
 煮物などをしているとき、キッチンを離れると
 ついそのまま忘れて、鍋を焦げつかせてばかり・・。
 
 そんな私をみかねて、主人が100円ショップで
 簡単なタイマーを買ってきてくれた。。
 
 プッシュ式で簡単に何分・何秒まで設定できる。
 これなら、機械音痴のわたしにも操作できる。
 
 さっそく使ってみることに・・。
 
 
 ニンジンとヒジキを炒めてから、水を
 ヒタヒタに入れ、あぶらげ、干し椎茸、
 
 おかかと次々に入れていき、味つけして
 落としぶたをして、弱火にして、
 
 「10分くらいかな~」とタイマーをセット。
 
 アラームが鳴るから安心と、キッチンを離れ
 原稿書きに没頭。しばらくして、
 
 気がつくと、キッチンのほうから、いい匂い…。
 フッと時計をみると、もう20分もたっている。
 
 「なんで、鳴らないの?」と腹たてながら
 キッチンへ走り、鍋をのぞいてみると
 
 もう汁もすっかりなくなって焦げつく寸前。
 
 「この、タイマー欠陥品!」と手にとってみると
 デジタル表示は、設定した10:00のまま。
 
 そして、その横に、もう一つボタンがあるのに
 気がついた・・。 【START/STOP】   
 
 オー、ノー!
 
 スタートボタンを
 
 
    押していませんでしたから~~~っ!      
 
    (それじゃ~、いつまでたっても、鳴るわけないっ!でも、
    またお鍋一つダメにする前に気がついて、よかった~~っ!)
 
 
 あなたの下半身が一日も早くスッキリしますように・・
 
 では、また、お会いしましょう!
 
 
 
 
 ∵*∴-【ナターシャがお答えします】--------------------∵*∴
 
 Q.バンデージがすごい人気ですね!圧迫法が必要だと
  思いつつも、バンデージは毎日巻かななければと考えると、
  「自分には無理」と思ってしまって、なかなか手が出ません。
  サポーターを利用して圧迫法は、できないのでしょうか?
 
 A.バンデージをご紹介した当初から、同じようなご質問
  たくさんいただいています。これについては、以前も
  書いたことがあるので、こちらを読んでね♪
           ↓ ↓
     http://www.ashiyase.net/mailmag/vol17.htm
 
 ∵*∴ --------------------------------------------- ∵*∴  
 
 
 
 
 
 
 >>>>  今日のおすすめリンク 
 
 ★ 筋力アップでスリムなナイスボディを実現
      ↓ ↓
  http://www.nstimes.info/02_03-2008/kinryoku_up_nicebody.html
 
 
 ★ 静的運動で、らくらく美脚
      ↓ ↓   
     http://www.ashiyase.net/mailmag/vol27.htm
 
 
 ★ 脚の筋肉を落としたい?
      ↓ ↓
     http://www.ashiyase.net/mailmag/vol51.htm
 
 
 
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■発行者:   ナターシャ・スタルヒン 
   URL:    http://www.nstimes.info/
 
  ■無断での転載・コピぺは、厳禁!
   Copyright(C)Natasha Starffin All Rights Reserved.
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  ※いただいたメールはかならず目を通しますが、
  お返事できないこともしばしば。ごめんなさい。m(_ _)m