ナターシャの
「下半身がみるみるヤセる!」

下半身太りに悩むあなたのため、憧れの下半身を手に入れる方法、教えます。 正しい方法で挑めば、あなたの下半身だってみるみる細くなります。 魅力的な美脚づくりが実現するまで、私がバックアップするから大丈夫。 美脚痩身ノウハウの大人気メルマガ、「下半身がみるみるヤセる!」のバックナンバーです。

メルマガ登録はこちら

(PC用アドレスのみ登録可)

メールアドレス

メールアドレス

美脚指導歴30年以上の経験と知識にもとづいた、大人気メルマガです。脚を細くするためのノウハウは、簡単でわかりやすいと大好評!お得情報も配信中!

プロフィール

ナターシャ・スタルヒン

美脚クリエーター、ホリスティック栄養学修士として、マスコミ、講演などで活躍。人気著書に、「食べて動いて「美脚」になる50の習慣」、「セルライトがスッキリ美脚痩身術」など。

第181号 リンパの流れをスムーズに

    これであなたも超・脚・美・人!    第181号
 ∽───────────────────────────∽
  ナターシャの
    下 半 身 が み る み る ヤ セ る 
        
  ダイエットすると胸ばかり小さくなって、かんじんの下半身は
  ちっともやせないと嘆くあなた。そんなあなたに、下半身痩せ
  指導歴約30年、美容健康界カリスマ、ナターシャ・スタルヒンが
  下半身をホッソリさせる美脚痩身術の全ノウハウを伝授します。
 
              URL http://www.nstimes.info/
 ∽───────────────────────────∽
 このメールマガジンは、こんなあなたにおすすめします・・・
 
 ● お気に入りのパンツ、太ももで引っかかってはけない人
 ● ふくらはぎが太くて、スカートを履くのをためらっている人
 ● ゾウ足で、なにを着ても似合わない人
 ● 上は9号、下は13号しか買えない人
 ● 下半身のことがコンプレックスで自分に自信がもてない人
 ● もうちょっと脚が細ければ、人生変わるのにと思ってる人
 ● 深くスリットの入ったタイトスカートで、大胆に脚を組んで
   男性の視線を釘づけにしたい人 
 ● とにかく脚を細くしたいんじゃ~~~!!!という人
 
  さあ~、今すぐ見せたくなる脚にチャレンジ!GO!!
 
 
 
 
 文明の利器には、とことん弱いことを
 あらためて思い知らされた
 
 美脚クリエーター、ナターシャ・スタルヒンです。
 
 
 いま流行のタブレットPC。
 軽いし、もち運びしやすいし、
 
 音声認識して、キーボードの打ちこみを
 最小限にできるということに惹かれて
 さっそく試してみたけど、
 
 数日間格闘した結果、わたしにゃ~
 絶対ムリ!と悟ったのサ。
 
 
 さあ、今日もガンバって、あなたの
 美脚づくり、いってみようか~~っ!
 
 
 
 ◇ リンパの流れをスムーズに
 ◇◇------------------
 
 あなたの体内の血液やリンパ液の
 流れが常にスムーズにいっていれば、
 
 今、下半身太りでなんか悩んでいないはず。
 
 夕方になると脚がパンパンになって
 ブーツのジッパーがあがらなくなる。
 
 歩くとビリビリして、脚全体がだるい。
 冷えもつらい!皮ふのボコボコも気になる…。 
 
 な~~んてことも、ないはずなのよね。
 
 でも、あなたは、むくみや冷え、セルライトの
 存在も自覚しているんでしょ?
 
 だったら、早急に対策をとっていかなくちゃ
 どんどん悪化しちゃうよ~っ!
 
 
 セルライトの根本原因といえば、
  
 1)微小循環障害
 2)静脈の障害
 3)リンパ排液の障害
 
 なんだけど、このうちのどれか1つにでも
 トラブルが発生すると他の3つすべての
 
 要因がからみあって、やっかいな
 セルライトをつくりだしていく。
      http://www.ashiyase.net/mailmag/vol5.htm
 
 
 むずかしい言葉が並んじゃったけど
 簡単にいうと、いくつかの理由で
 
 血液やリンパ液の循環が悪くなって、滞る
 ことによって問題が発生する!ってことね。
 
 
 これらはすべて、食生活をはじめ
 ライフスタイルの問題が根底にあるから
 
 一つ一つ見直して、障害がおこらないよう
 予防したり改善していく必要があるんだけど、
 
 一番手っとり早くスタートできて
 効果も即、実感できるのが、
 
 リンパ液の滞りの予防&解消なの。
 
 今日は、リンパについて
 おさらいしておこうね。
 
 
 
 ◇ リンパ管とリンパ節
 ◇◇--------------
 
 私たちの体内には血管とは別に"リンパ管"
 という細い管が張りめぐらされているの。
 
 リンパ管は組織にたまった余分な水分や
 老廃物を回収する下水道のようなものね。
 
 この働きが悪いと水分や老廃物は回収されず
 いろ~んな問題がおこってくることになる。
 
 
 リンパの流れが滞る原因はいくつもあるけど
 「毛細リンパ管に弁がない」というのも、その一つ。
 
 筋肉や関節とか、体の深いところを通る
 リンパ管には逆流を防ぐ"弁"があるけど
 
 皮膚のすぐ下の浅いところを通っている
 毛細リンパ管にはないのね。
 
 この弁は規則的に収縮することで
 リンパ液を押し流しているんだけど、
 
 毛細リンパ管にはないので、皮膚や
 筋膜、筋肉を伸び縮みさせて
 
 一緒に動かさないと、リンパ液は
 流れてくれないの。
 
 だから、
 
 長時間座ったままだったり、体を締めつける
 ストッキングや下着の常用、運動不足、
 
 疲れやストレスなどがあると、
 皮膚の伸び縮みが少なくなって
 
 毛細リンパ管の流れが悪くなっちゃう。
 
 老廃物やリンパ液は皮膚のすぐ下に
 たまって、むくみになるってわけ。
 
 当然、熱も伝わりにくくなるから
 冷えもひどくなって、つらくなるよね。
 
 
 リンパ管の途中にあって、リンパ液内の
 ゴミや細菌をくいとめて、濾過する
 
 フィルターのような役割をもつ"リンパ節"。
 
 ちなみに、
 
 このリンパ節が圧迫されても
 リンパ液は滞ることになるのよ。
 
 
 次回は、リンパの流れをよくするための
 ちょっとした秘密を伝授しましょうね。
 
 冷えやむくみを解消しながら、
 セルライトもしっかり防げるわよっ!
 
 
 
 ◇ あとがき
 ◇◇--------
 
 久々に、二つ折りの携帯電話をひらき、
 電源をいれ、画面がたちあがるのを待った。
 
 しばらくして、画面をのぞき込むと・・
 なんじゃ~~???
 
 画面上に所狭しとはいっていた、カレンダーとか
 アイコンとこかが、ぜ~んぶ消えて壁紙のみに…。
 
 ずっと放りっぱなしだったから壊れちゃった?
 
 ヤバ~~ッ、と思いつつ歩いていると、
 ラッキー♪ソフトバンクのショップがあった!
 
 
 即飛びこんで、イケメンお兄ちゃんに
 事情を話したら、
 
 慣れない手つきで携帯をいじりながら、
 
 「これを、こうやって、あ~やって」と
 丁寧に教えてくれた。そして、最後に、
 
 「また、何かわからないことがあったら、
  この3件先にドコモさんがありますので、
  そちらで聞いてください」って。
 
 
 えっ? 私の携帯ってドコモ? 
 
 
 ず~~っとソフトバンクだって
 
    思っていましたから~~~~っ!
 
   (お兄ちゃんにいわれて、顔、真っ赤っか。
    その場から、さっさと退散しましたから~)  
  
 
 
 あなたの下半身がスッキリしますように・・
 
 では、また近々、お会いしましょう!
 
 
 
 
 
 ☆*:.【ナターシャより】☆.*.。.:*・☆*:.。.:*・☆
  
  このメルマガは、まぐまぐ!より配信していますが
  同時に、独自配信もおこなっています。 
 
  今後、読者さんプレゼント企画やモニター企画などは
  独自配信のみで告知していく予定です。
 
  というわけで、この機会に、ぜひ、ご登録の
  変更をしていただければと思います。
        ↓  ↓
     http://www.ashiyase.net/
        (右側のコラムからご登録を!)  
  
  なお、↑↑ に登録いただいたら、下記は解除を…。
 
  解除は: http://www.nstimes.info/mailmagazine.html
 
  基本的にまぐまぐ!からの配信はつづけるつもりですが、
  解除いただかないと、ほぼ同じ内容のメルマガが
  2通届くことになりますので・・よろしくっ!
 
  ☆*:.。.:*・☆.*.。.:*・☆*:.。.:*・☆.*.。.:*・☆
 
 
 
  
 >>>> 今日のおすすめリンク
 
 ★ セルライト発生の3つの要因
     http://www.ashiyase.net/mailmag/vol5.htm
 
 
 ★ 下半身デブの血液はドロドロ
     http://www.ashiyase.net/mailmag/vol6.htm
 
 
 ★ 足裏の刺激で血行促進
     http://www.ashiyase.net/mailmag/vol18.htm
 
 

 
   >>★体温が血液やリンパの流れにも影響??
          ↓  ↓
           http://tinyurl.com/2vgel8p
                         プチッと
 
 
 
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■発行者:   ナターシャ・スタルヒン 
  URL:    http://www.nstimes.info/

 ■無断での転載・コピぺは、厳禁!
  Copyright(C)Natasha Starffin All Rights Reserved.
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  ※いただいたメールはかならず目を通しますが、
  お返事できないこともしばしば。ごめんなさい。m(_ _)m