ナターシャの
「下半身がみるみるヤセる!」

下半身太りに悩むあなたのため、憧れの下半身を手に入れる方法、教えます。 正しい方法で挑めば、あなたの下半身だってみるみる細くなります。 魅力的な美脚づくりが実現するまで、私がバックアップするから大丈夫。 美脚痩身ノウハウの大人気メルマガ、「下半身がみるみるヤセる!」のバックナンバーです。

メルマガ登録はこちら

(PC用アドレスのみ登録可)

メールアドレス

メールアドレス

美脚指導歴30年以上の経験と知識にもとづいた、大人気メルマガです。脚を細くするためのノウハウは、簡単でわかりやすいと大好評!お得情報も配信中!

プロフィール

ナターシャ・スタルヒン

美脚クリエーター、ホリスティック栄養学修士として、マスコミ、講演などで活躍。人気著書に、「食べて動いて「美脚」になる50の習慣」、「セルライトがスッキリ美脚痩身術」など。

第196号 美脚づくりのゴールデンメニュー(2)

   これであなたも超・脚・美・人!      第196号
 ∽───────────────────────────∽
  ナターシャの
    下 半 身 が み る み る ヤ セ る 
        
  ダイエットすると胸ばかり小さくなって、かんじんの下半身は
  ちっともやせないと嘆くあなた。そんなあなたに、下半身痩せ
  指導歴約30年、美容健康界カリスマ、ナターシャ・スタルヒンが
  下半身をホッソリさせる美脚痩身術の全ノウハウを伝授します。
 
              URL http://www.nstimes.info/
 ∽───────────────────────────∽
 このメールマガジンは、こんなあなたにおすすめします・・・
 
 ● お気に入りのパンツ、太ももで引っかかってはけない人
 ● ふくらはぎが太くて、スカートを履くのをためらっている人
 ● ゾウ足で、なにを着ても似合わない人
 ● 上は9号、下は13号しか買えない人
 ● 下半身のことがコンプレックスで自分に自信がもてない人
 ● もうちょっと脚が細ければ、人生変わるのにと思ってる人
 ● 深くスリットの入ったタイトスカートで、大胆に脚を組んで
   男性の視線を釘づけにしたい人 
 ● とにかく脚を細くしたいんじゃ~~~!!!という人
 
  さあ~、今すぐ見せたくなる脚にチャレンジ!GO!!
 
 
 
 
 デスクの下に脱いであったスリッパ、いつの間にか
 片方が行方不明になり、片足だけ冷たい思いをしている、
 
 美脚クリエーター、ナターシャ・スタルヒンです。
 
 
 私は、片っぽだけスリッパを脱いで
 歩きまわるクセがあるんだけど、
 
 デスクの下には、いつも両方そろっていたはず。
 
 なのに、いつの間にか片っぽしかなくなって、
 いくら探しても、出てこないのサ。
 
 
 さあ、今日もガンバって、あなたの
 美脚づくり、いってみようか~~っ!
 
 
 
 ◇ 美脚づくりのゴールデンメニュー(2)
 ◇◇----------------------------
 
 さて、本日は、これまたダイエッターにとって
 タブーとされる、【お好み焼き】。
 
 なんたって、小麦粉たっぷり&中華めんまで 
 はいっている、典型的な高糖質食だから、
 
 あなたの下半身に脂肪をたっぷり
 つけてしまうことになるよね~。
 
 
 でも、このレシピだったら安心よ。
 http://www.nstimes.info/12-2012/golden2.html
 
 
 小麦粉をちょっぴりしか使わずに、
 卵と山芋でお好み焼き風にしているの。
 
 焼きそばのかわりにシラタキを使い
 とても低糖質&カロリーが低いのに
 
 意外や意外。
 味はお好み焼きそのもの!
 
 食べごたえも、しっかりあるのよ。
 
 
 具材としては、美脚を応援する豚とイカ。
 
 これらに、お好み焼きの定番のキャベツ他、
 もやしと長ネギもいれるの。
 
 糖質のエネルギー化がうまくいかないと
 太りやすくなるばかりか、足首や
 
 ふくらはぎが、むくみやすくなるんだけど、
 
 豚肉には、エネルギー代謝を助ける
 ビタミンB1が多いのね。
 
 ここに長ネギをたすと、
 
 B1が破壊されにくくなるし、吸収率が
 高まるから、エネルギー化も促進。
 
 つまり、カロリーがドンドン
 消費されていくってこと。
 
 
 もやしはスプラウトの代表格で、見た目から
 想像できないほど、栄養素が多いの。
 
 これも下半身ヤセのためのプラス要因ね。
 
 ちょっとした工夫で「まるで焼きそば!」と
 思えるシラタキは、お腹の掃除もバッチリ。
 
 ヘドロをためこみがちなあなたには
 まさにピッタリよ。
 http://www.nstimes.info/12-2012/golden2.html
 
 
 
 ◇ 余分な水分追いだし、血流もアップ
 ◇◇--------------------------
 
 「お好み焼き」にあわせる副菜は、
 
 水菜やセロリなどに、パイナップルほかを
 プラスした、【水菜のフルーツサラダ】。
 
 
 くだものは本来、朝食、あるいは間食
 として食べるべきなんだけど、
 
 タンパク質分解酵素たっぷりの
 パイナップルは例外(パパイヤも)。
 
 肉や魚介類と一緒に食べあわせると
 これらをしっかり分解して、
 
 貴重な栄養素を体内に運びこんでくれるの。
 血液サラサラ効果で巡りもよくしてくれる。
 
  
 そこに、下半身ヤセに大きな力を発揮する
 カリウムたっぷりのアズキやレーズン、
 
 さらに、セロリに水菜をあわせりゃ~
 あこがれの美脚に一足飛びよっ!
 
 
 ちなみに、水菜って緑黄色野菜の仲間って
 いわれているって知ってた?
 
 栄養価なんてなさそうなのにね。
 
 ところがどっこい、カリウムの他にも、
 
 βカロテン、ビタミンB群、ビタミンC、
 E、鉄分、カルシウムなどが多いの。
 
 これらは酵素の働きをサポートしてくれるから
 美脚づくりにもプラスに働いてくれる。
 
 セロリは利尿作用や女性ホルモン関連の
 効果のほか、美脚をバックアップしてくれる
 作用が、と~っても多いの。 
 
 ふだんから積極的に使いたい食材よ。
 
 
 この日のメニューには、血液循環を改善する
 ニラ、レンコン、ショウガのジュースも
 加えると◎。
 
 循環をよくするのって、美脚づくりには
 重要なことだからねっ!
 
 テレビでこのジュースを紹介したことが
 あるんだけど、
 
 ゲストのタレントさん達に飲んでもらったら
 「餃子みたい!」って。
 
 でも、「意外においしい!」って、
 全員飲み干してくれたわよっ!
 
 
 出版社との約束で、著書に載せている
 下半身ヤセメニューは、これ以上
 ご紹介できないけど、
 
 こちらで、チェックしてね。↓↓
     http://tinyurl.com/cg9fv82
 
 
 
 ◇ あとがき
 ◇◇--------
 
 200号配信記念企画募集に、多くの
 アイデアを寄せてくれて、ありがとうっ!
 
 本当~~~に、うれしい限りです。
 
 回答が思っていた以上に多かったので
 いま、必死に一つ一つ検討中。
 
 最終決定については、もうしばらく
 かかるけど、楽しみに、待っててねっ!
 
 
 今回、なんといっても多かったのが
 「講演やってくださ~~い」というもの。
 
 「直接会って指導を受けたい」、
 
 「メルマガだけだとわかりにくいので
 エクササイズやマッサージの実技を…」
 
 「ナターシャ先生の顔をみてみたい」
 
 な~~んていうものまで…!
   (私の顔みたって、脚は細くならんよっ!)
 
 
 ず~っと前から講演はやりたいな~って
 思っていたけど、なかなか日程調整が難しく、
 
 200号記念には間にあわすことは無理。
 でも、来年中には実現したいと思っている。
 
 
 それと、アンケートにも答えてくれて、
 サンキューね。
 
 今、私のメルマガを読んでくれている
 あなたがどのようなことを望んでいるか
 
 大体つかめたので、今後の内容に
 反映させていただきますね。
 
 
 
 あなたの下半身がスッキリしますように・・
 
 では、また近々、お会いしましょう!
 
 
 
 
 >>>> 今日のおすすめリンク!
 
 ★ くだもので下半身ヤセ?
     http://www.ashiyase.net/mailmag/vol41.htm

 
 ★ 今のボディは、食生活でつくられている!
     http://www.ashiyase.net/mailmag/vol122.htm

 
 ★ あなたの美脚づくりゴールデンメニュー(2)
   http://www.nstimes.info/12-2012/golden2.html
 
 
 
 
   >>>【~美脚食】とあわせて、
 
      【美脚になる50の習慣】も読んでね! 
             ↓  ↓
              http://tinyurl.com/89sg4kc
 
 
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■発行者:   ナターシャ・スタルヒン 
    URL:    http://www.nstimes.info/
 
 ■無断での転載・コピぺは、厳禁!
  Copyright(C)Natasha Starffin All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  ※いただいたメールはかならず目を通しますが、
   お返事できないこともしばしば。ごめんなさい。m(_ _)m