ナターシャの
「下半身がみるみるヤセる!」

下半身太りに悩むあなたのため、憧れの下半身を手に入れる方法、教えます。 正しい方法で挑めば、あなたの下半身だってみるみる細くなります。 魅力的な美脚づくりが実現するまで、私がバックアップするから大丈夫。 美脚痩身ノウハウの大人気メルマガ、「下半身がみるみるヤセる!」のバックナンバーです。

メルマガ登録はこちら

(PC用アドレスのみ登録可)

メールアドレス

メールアドレス

美脚指導歴30年以上の経験と知識にもとづいた、大人気メルマガです。脚を細くするためのノウハウは、簡単でわかりやすいと大好評!お得情報も配信中!

プロフィール

ナターシャ・スタルヒン

美脚クリエーター、ホリスティック栄養学修士として、マスコミ、講演などで活躍。人気著書に、「食べて動いて「美脚」になる50の習慣」、「セルライトがスッキリ美脚痩身術」など。

第215号 レッグマジック・サークルって?

   これであなたも超・脚・美・人!    第215号
 ∽───────────────────────────∽
  ナターシャの
    下 半 身 が み る み る ヤ セ る 
        
  ダイエットすると胸ばかり小さくなって、かんじんの下半身は
  ちっともやせないと嘆くあなた。そんなあなたに、下半身痩せ
  指導歴約30年、美容健康界カリスマ、ナターシャ・スタルヒンが
  下半身をホッソリさせる美脚痩身術の全ノウハウを伝授します。
 
              URL http://www.nstimes.info/
 ∽───────────────────────────∽
 このメールマガジンは、こんなあなたにおすすめします・・・
 
 ● お気に入りのパンツ、太ももで引っかかってはけない人
 ● ふくらはぎが太くて、スカートを履くのをためらっている人
 ● ゾウ足で、なにを着ても似合わない人
 ● 上は9号、下は13号しか買えない人
 ● 下半身のことがコンプレックスで自分に自信がもてない人
 ● もうちょっと脚が細ければ、人生変わるのにと思ってる人
 ● 深くスリットの入ったタイトスカートで、大胆に脚を組んで
   男性の視線を釘づけにしたい人  
 ● とにかく脚を細くしたいんじゃ~~~!!!という人
 
  さあ~、今すぐ見せたくなる脚にチャレンジ!GO!!
 
 
 
 
 普段使わない筋肉をいきなり目一杯つかったら
 足がつって、歩けなくなってしまった、
 
 美脚クリエーター、ナターシャ・スタルヒンです。
 
 
 基本的に体を動かすのは好きではないので
 運動らしい運動を、ず~としていなかった。。
 
 でも、加齢とともに筋肉が落ちているのを
 実感して、筋トレをはじめることに…。
 
 マシーンの負荷を最大限アップして
 ガンガン頑張っちゃったら、
 
 筋肉痛&疲労で、ひどい目にあったのサ。
 
 
 さあ、それでは今日もガンバって
 あなたの美脚づくり
 
 いってみようか~~~っ!
 
 
 
 ◇ レッグマジック・サークルって…
 ◇◇----------------------
 
 娘の家にしばらく泊まりに行ったんだけど
 これまでなかったマシーンがリビングに…。
 
 「レッグマジック・サークル」とかいうもの。
 
 以前このメルマガで、「レッグマジック」を
 4年半位前にとりあげたことがあるけど、
  http://www.ashiyase.net/mailmag/vol131.htm
 
 当時販売されていたものは、2つにわかれた
 ふみ台みたいなところに足をおき
 
 左右にひらいたり、とじたりするだけの
 シンプルな運動をするマシーンだった。
 
 
 「~サークル」のほうは、それに
 ひねり運動ができるようになったもの。
 
 足をひらきながら、ターンしたり、
 とじながら、ターンしたり…。
 
 動きが多いぶん、以前のものよりは
 アキにくいとはいえるだろうけど、
 
 でも、所詮同じ場所で、同じような
 運動のくりかえしだからね~。
 
 
 実際に私もトライしてみたけど、
 足の開閉運動はぜんぜん軽く、ラクちん。
 
 まったく負荷がないので、これだけで
 効果を期待するのはムリだよなぁ~~。
 
 (負荷をかけたい場合はアップグレード
  キットなるものがあるみたいだけど…)
 
 ラクなほうが、つづくでしょうし
 
 なにもやらないよりは、やったほうが
 いいに決まっているけど
 
 これだけで太い脚がスラ~ッと!
 な~んてことは、ありっこない。
 
 
 こうしたものに頼るよりは、普段から
 正しくウォーキングを心がけたり、
 
 筋肉をバランスよく使うよう
 普段の生活のなかで工夫して
 
 継続的におこなっていくほうが大切ね。
 
 もちろん!食生活をはじめ、正しい
 ライフスタイルも実践しなくっちゃね。
 
 
 
 ◇ ボールかクッションで
 ◇◇-----------------
 
 脚やせにエクササイズは重要な要素の一つ。
 
 だからといって、こうしたマシーンに
 頼らなくたってラクにできるもんよ。
 
 
 たとえば、足をとじるときって、
 内転筋が最大限に働くんだけど
 
 ここを鍛えるんだったら、ボールか
 クッションを使えばいい。
 
 イスに浅く腰かけて、ボールか
 クッションをひざの間にはさんで
 
 ゆっくりと両ひざの内側でクッションを
 めいっぱい6秒間おしたら、
 
 力をゆるめ、ふたたび6秒間。
 これを3回。
 
 太ももの内側の筋肉を使っていることを
 意識しながらやれば、しっかり鍛えられる。
 
 
 クッションとかボールがなければ、
 6秒間ひざ同士を強く押しつけあっても
 いいし、
 
 ひざの内側に両手のひらをあてて
 外方に向けて6秒間おしつづけ、
 
 これにたいして両ひざは内方にむけて
 閉じようとがんばる。これでもOK。
 
 これはO脚の改善にも効果があるのよ! 
 
 
 足を開くときに使う筋肉を鍛えるには…
 
 ひざの外側を両手でおさえて、
 内側方向に力一杯、6秒間押しつづける。
 
 これに対して、ひざは外側に開くよう
 がんばるの。これも3回で十分。
 
 
 このように、目一杯力をいれて
 1回6秒間を3~5回やる運動を
 
 アイソメトリックス(静的運動)
 っていうのだけど、
 
 超~簡単な筋力トレーニングでありながら
 めっちゃ効果的な筋肉強化法なの。
 
 しかも、1日おきにやればOKだから
 
 なかなかつづかない!って嘆いている
 あなただって、大丈夫よっ♪
 
 
 
 ◇ あとがき
 ◇◇--------
 
 私は生活のなかで工夫して
 筋力維持はしているけど、
 
 もっとグ~~ンと筋力アップ
 したいと常々思っていたの。
   (キツイ運動せずに…)
 
 でも、遠いジムに通うことはムリ…
 と思っていた矢先、
 
 自宅のすぐ近くに、カーブスという
 女性専用の運動施設がオープン。
 
 1回30分、好きなときに予約なしに
 行ってOKということで、さっそく
 
 無料体験会っていうのに行ってみた。
 
 
 ここでは8種類のマシーンを使うのだけど
 どれも、ゆっくりの動作だと負荷が
 かからず、
 
 早く動かすと、負荷がどんどん
 大きくなるような仕掛けなの。
 
 こういうマシーン類を前にすると
 
 ついつい「自分の力を見せてやる~っ!」
 って気になっちゃう。
 
 (しかも、事前の測定で、体年齢が
  実年齢より10歳以上若かったので…)
 
 
 そこで、もっているパワーを全開!!
 できる限りのスピードでマシーンを制覇。
 
 「すご~い!」というインストラクターの声に
 いい気になって、ますますガンバっちゃった。
 
 まさに、わたしゃ、"豚もおだてりゃ木に登る" 
 タイプなんだよな~~ぁ。
 
 
 その結果・・・
 
 翌日は筋肉痛で、ヒィヒィ。
 
 体がまともに
 
    動きませんでしたから~~~っ!
 
    (歳をとると筋肉痛は3日後というけど、
     私は翌日。まだまだ若いぜぃ!)
 
 
 あなたの下半身がスッキリしますように・・
 では、また、お会いしましょう!
  
 
 
 
 ♪;゜~´¨*:;♪;゜~´¨*:;♪;゜~´¨*:;♪;゜
 
   美脚バンデージが
     雑誌「anan 」で紹介されました~♪
 
   薬剤師で、内外美容研究家の
   早野実希子先生のお墨付きということで
   紹介されているの。
 
   「むくみ改善だけでなく、
    脚の重だるさにも効く~!」って♪
 
   早野先生曰く、「外したあとに脚が細く
   なっているのを見れば、血の巡りが
   良くなっているのは一目瞭然です」。
 
 
   まだ持っていないあなたは
   ぜひ、ぜひ、試してみてねっ!
      http://tinyurl.com/q3p6agr

 
 ♪;゜~´¨*:;♪;゜~´¨*:;♪;゜~´¨*:;♪;゜
 
 

 
 >>>本日のおすすめリンク
 
 ★ 効果あるの?
   http://www.ashiyase.net/mailmag/vol131.htm
  
 ★ 静的運動でらくらく美脚
   http://www.ashiyase.net/mailmag/vol27.htm
  
  
  
  
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■発行者:   ナターシャ・スタルヒン 
  URL:    http://www.nstimes.info/
 
 ◆フェイスブックでのフォローは
  http://www.facebook.com/starffin/
 
 
 ■無断での転載・コピぺは、厳禁!
  Copyright(C)Natasha Starffin All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ※いただいたメールはかならず目を通しますが、
  お返事できないこともしばしば。ごめんなさい。m(_ _)m