ナターシャの
「下半身がみるみるヤセる!」

下半身太りに悩むあなたのため、憧れの下半身を手に入れる方法、教えます。 正しい方法で挑めば、あなたの下半身だってみるみる細くなります。 魅力的な美脚づくりが実現するまで、私がバックアップするから大丈夫。 美脚痩身ノウハウの大人気メルマガ、「下半身がみるみるヤセる!」のバックナンバーです。

メルマガ登録はこちら

(PC用アドレスのみ登録可)

メールアドレス

メールアドレス

美脚指導歴30年以上の経験と知識にもとづいた、大人気メルマガです。脚を細くするためのノウハウは、簡単でわかりやすいと大好評!お得情報も配信中!

プロフィール

ナターシャ・スタルヒン

美脚クリエーター、ホリスティック栄養学修士として、マスコミ、講演などで活躍。人気著書に、「食べて動いて「美脚」になる50の習慣」、「セルライトがスッキリ美脚痩身術」など。

第226号 脂肪分解モードのスイッチON

 これであなたも超・脚・美・人!                  第226号
 ∽───────────────────────────∽
  ナターシャの
    下 半 身 が み る み る ヤ セ る 
        
    ダイエットすると胸ばかり小さくなって、かんじんの下半身は
  ちっともやせないと嘆くあなた。そんなあなたに、下半身痩せ
  指導歴約30年、美容健康界カリスマ、ナターシャ・スタルヒンが
  下半身をホッソリさせる美脚痩身術の全ノウハウを伝授します。
                  URL http://www.nstimes.info/
 ∽───────────────────────────∽
 このメールマガジンは、こんなあなたにおすすめします・・・
 
 ● お気に入りのパンツ、太ももで引っかかってはけない人
 ● ふくらはぎが太くて、スカートを履くのをためらっている人
 ● ゾウ足で、なにを着ても似合わない人
 ● 上は9号、下は13号しか買えない人
 ● 下半身のことがコンプレックスで自分に自信がもてない人
 ● もうちょっと脚が細ければ、人生変わるのにと思ってる人
 ● 深くスリットの入ったタイトスカートで、大胆に脚を組んで
   男性の視線を釘づけにしたい人  
 ● とにかく脚を細くしたいんじゃ~~~!!!という人
 
    さあ~、今すぐ見せたくなる脚にチャレンジ!GO!!
 
 
 
 大あわてで、焦りまくって損をした
 美脚クリエーター、ナターシャ・スタルヒンです。
 
 空港に行くために乗ろうと思っていた電車に
 乗り遅れまいと、早足で駅までいったけど、
 
 タッチの差で乗り遅れてしまった。
 その後の電車だとチェックインに、ギリギリ…。
 
 電車のなかでも、時間が気になり落ち着かず
 イライラ、ドキドキ。
 
 電車がつくなり、カウンターめがけて
 猛ダッシュ。
 
 息を切らしながらチェックイン・・・
 と思ったら、まだ時間まで1時間あったのサ。
           (完全に時間を間違えていた~)
  
 
 それでは、今日もがんばって
 あなたの美脚づくり
 
 いってみようか~~~っ!
 
 
 
 ◇ 脂肪放出&蓄積レセプター
 ◇◇-----------------------
 
 女性の下半身についている脂肪って、
 分解よりも合成(蓄積)が優勢なことが
 知られているのね。
 
 これは体の部位によって、アルファ(α)と
 ベター(β)レセプター(受容体)の分布が
 違うからなの。
 
 脂肪を細胞内にとり込むのが、α2レセプター。
 
 インスリンの刺激によって、血液中から
 脂肪をとりこむんだけど、
 
 逆に脂肪を血液へと放出するのはβレセプター。
 
 こちらは、甲状腺ホルモンやアドレナリンなどの
 刺激ををうけると、細胞から脂肪を放出するの。
            http://www.ashiyase.net/mailmag/vol20.htm
 
 
 女性は、脂肪を取り込むαレセプターが
 上半身に比べ、下半身に6倍もあるとされ、
 
 逆に、脂肪を放出するβレセプターは、
 上半身に多く、下半身には少ないの。
 
 だから、下半身に脂肪がつきやすく、一度、
 蓄積した脂肪が思うように減ってくれないのね。
 
 上半身の脂肪ばかりが落ちちゃって…。      下半身を細くする方法はいろいろあるけど、  とても有効な方法のひとつは、    これらαとβレセプターに目を向けること。    βレセプターを作動させるか、αレセプターの  働きをブロックするか、その両方を同時に    おこなうようにすれば、確実に、下半身から  脂肪を落して細くしていくことができるからね。    カフェインやいくつかの植物エキスには  こうした作用があることが知られているので    いま私が開発中のコーヒー・スクラブには、  これら植物エキスもたっぷり配合したけど    ちょっとしたお風呂の入りかただけでも    簡単に脂肪分解→放出に働くβレセプターの  スイッチをONにすることができるのよっ!      ◇ 脂肪分解→放出を加速  ◇◇-------------------    それには、    40℃のお湯に胸の下までつかりながら、   お尻や太ももなど、ぜい肉が気になる部位を    10分間もむようにするだけっ!    もむことでの刺激で交感神経系が優位になり  アドレナリンが多く分泌されることになるの。    その刺激で、脂肪分解酵素リパーゼが活性化。  もんだ部分の脂肪が分解されやすくなるってわけ。    それに、40℃前後の湯船では血流が  通常の約2~4倍にふえるのね。    脂肪をもむと、脂肪分解を受けた脂肪酸が  血流にのってエネルギーとして使われやすく  なってくれるの。    気になる部分にスポンジでも入っているつもりで  それを絞るような感覚でやるといいね。    でも、けっして力をいれすぎないようにね。 http://www.ashiyase.net/mailmag/vol14.htm    湯船でしっかり脂肪分解モードのスイッチオン  しておいてから、コーヒースクラブで  マッサージしたり、    お風呂をでてから、アロママッサージや  バンデージで追い打ちをかければ、    遊離脂肪酸が、より早く脂肪燃焼器官に  届けられて、燃えてくれるようになる。       ただ、脂肪細胞は脂肪分解をうけても  すぐにサイズが縮小するわけではないの。       (これは絶食したときも同様ね)    脂肪が分解されると、そのかわりに水が  脂肪細胞内に入りこんできて、    従来の丸い形を維持しようとするの。    細胞に水が入り込むことで、脂肪細胞の大きさは  維持されるけど、どんどん柔らかくなっていく。    さらにもみつづけていくことで、徐々に  水がぬけて、脂肪細胞が小さくなっていくの。    下半身がスッキリ、ホッソリしていくわけね。    もっちろん、余分な水分が早く抜けていくよう  水分代謝にも気をつかえば、    さらにスピーディに、理想的なボディラインを  手にいれられることになるねっ。     ◇ あとがき  ◇◇--------  
(空港に行く前の話)    空港行きの電車に乗る時間が迫っているのに  どうしても、スーパーに買いにいかなければ  ならない羽目に・・    大あわてで、腰痛ベルトをつけて  外に出て、スーパーめがけてダッシュ!! (飛行機に乗るときは腰痛ベルトが必需品)    しばらく走っていると、うしろから  自転車に乗ってきた女性に声をかけられた。    「あの~、ずいぶん急いでいるようですが、   お尻のところに、長いヒモみたいのが   出ていますけど・・」    えっ?と思ってお尻周辺に手をやると・・・    長さ5~60cm、幅5cmの帯が2本    腰の中央から、スラックスの外に  たれさがっている!    ぎゃっ!    腰痛ベルトの太いメイン部分だけしっかりしめて  骨盤部分を固定する帯をしめるのを忘れ、    まるでシッポのようになびかせながら          走っていましたから~~~っ!  
あなたの下半身がスッキリしますように・・ では、また近々、お会いしましょう!          >>>本日のおすすめリンク    ★ 脂肪つぶし、やってる?    http://www.ashiyase.net/mailmag/vol14.htm  ★ 脂肪の運び出しは? http://www.ashiyase.net/mailmag/vol149.htm    ★ 脂肪って? http://www.ashiyase.net/mailmag/vol97.htm   ★ コーヒーで脂肪燃焼?      http://www.ashiyase.net/mailmag/vol20.htm      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■発行者:   ナターシャ・スタルヒン  URL:    http://www.nstimes.info/ ◆フェイスブックでのフォローは http://www.facebook.com/starffin/    ■無断での転載・コピぺは、厳禁!   Copyright(C)Natasha Starffin All Rights Reserved. ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ※いただいたメールはかならず目を通しますが、 お返事できないこともしばしば。ごめんなさい。m(_ _)m