ナターシャの
「下半身がみるみるヤセる!」

下半身太りに悩むあなたのため、憧れの下半身を手に入れる方法、教えます。 正しい方法で挑めば、あなたの下半身だってみるみる細くなります。 魅力的な美脚づくりが実現するまで、私がバックアップするから大丈夫。 美脚痩身ノウハウの大人気メルマガ、「下半身がみるみるヤセる!」のバックナンバーです。

メルマガ登録はこちら

(PC用アドレスのみ登録可)

メールアドレス

メールアドレス

美脚指導歴30年以上の経験と知識にもとづいた、大人気メルマガです。脚を細くするためのノウハウは、簡単でわかりやすいと大好評!お得情報も配信中!

プロフィール

ナターシャ・スタルヒン

美脚クリエーター、ホリスティック栄養学修士として、マスコミ、講演などで活躍。人気著書に、「食べて動いて「美脚」になる50の習慣」、「セルライトがスッキリ美脚痩身術」など。

第240号 お正月太りを素早く解消

   これであなたも超・脚・美・人!             第240号
 ∽───────────────────────────∽
  ナターシャの
    下 半 身 が み る み る ヤ セ る 
        
    ダイエットすると胸ばかり小さくなって、かんじんの下半身は
  ちっともやせないと嘆くあなた。そんなあなたに、下半身痩せ
  指導歴約30年、美容健康界カリスマ、ナターシャ・スタルヒンが
  下半身をホッソリさせる美脚痩身術の全ノウハウを伝授します。
 
                    URL http://www.nstimes.info/
 ∽───────────────────────────∽
 このメールマガジンは、こんなあなたにおすすめします・・・
 
 ● お気に入りのパンツ、太ももで引っかかってはけない人
 ● ふくらはぎが太くて、スカートを履くのをためらっている人
 ● ゾウ足で、なにを着ても似合わない人
 ● 上は9号、下は13号しか買えない人
 ● 下半身のことがコンプレックスで自分に自信がもてない人
 ● もうちょっと脚が細ければ、人生変わるのにと思ってる人
 ● 深くスリットの入ったタイトスカートで、大胆に脚を組んで
   男性の視線を釘づけにしたい人 
 ● とにかく脚を細くしたいんじゃ~~~!!!という人
 
    さあ~、今すぐ見せたくなる脚にチャレンジ!GO!!
 



 新春のお喜び申し上げま~す♪
                           
 今年も、あなたの下半身を細くすることに邁進する
 美脚クリエーター、ナターシャ・スタルヒンです。


 2015年は、新たな試みをはじめようと
 頭をフル回転して企画をねっていたら、

 娘に、「これ以上忙しくなること、ヤメなよ。
 ゆっくりすること考えれば?」っていわれた。

 でも、つねに忙しく走り回っているのが私。
 ゆっくりしている私なんて考えられないのサ。

 
 それでは、今日も、あなたの美脚づくり
 いってみようか~~~っ!



 ◇ 正月脂肪はすぐに落とそう!
 ◇◇------------------------

 お正月も終わって、ひと段落。

 でも~・・あなたのお腹やお尻まわり、
 じ~っくり確認してみて!

 年末年始につけてしまったお肉が、
 た~っぷり居座っているんじゃない?

 食っちゃ寝の生活を抜けだし、もとの
 食事にもどったら、自然とやせるでしょ、

 な~んて気楽にかまえていたら
 とり返しつかなくなっちゃうよ!
 
 脂肪細胞って、果てしなく肥大するのよ!
 
 あなたの下半身の肉座布団は
 どんどん厚くなる一方よっ!
 
 しかも、食べすぎ、飲みすぎ、夜ふかしで
 体内に大きな負担を強いてきたんでしょ?
 
 過激な労働を強いられてきた消化器官と
 肝臓にしばしの休息をあたえないと
 
 代謝ダウンで、ますます脂肪を減らすのが
 厄介になっちゃう。とくに下半身はね。
 
 どうしたらいいのかって?
 そりゃ~、ファスティング(絶食)でしょ。
 
 毎年のことだけど、正月明けは、
 ぜひとも実践すべきだと思うな。


 消化という重労働から解放されると
 体はそのためのエネルギーはもちろん
 
 消化酵素づくりのための原材料をすべて
 消化以外の代謝にまわして、体の
                           
 たて直しを急ピッチでおこなってくれるの。
                                       
 デトックスはもちろん、細胞の交代速度も促進。
 若返るし、自然治癒力アップでトラブル解消。
 
 単に食べないようにするだけも体重は
 落ちるけど、筋肉ばかり減っていって
 
 肝心の脂肪は残念ながら減ってくれないの。
 
 でも、私が考案したNS式なら、
 
 脂肪燃焼の条件を栄養的にか~んぺきに満たして
 短期間に最大の体脂肪の減少が期待できるのよ。
          

 ◇ 下半身からヤセるには…  ◇◇--------------------  単純にカロリーカットするダイエットや  絶食をすると胸ばかり小さくなって  下半身はそのまま。  そんなことで、躊躇しているの?  女性は下半身に脂肪をためこむレセプターが多く  脂肪放出レセプターは上半身にくらべ少ないから  ど~しても、単純なカロリーカットや絶食では  上半身からヤセちゃうってことは、あるね。  しかもリバウンドするときには  下半身からだから、目もあてられない。  でも、安心して。  NS式は単純なカロリーカットや絶食とは違う。  食事がわりにプロテイン他サプリを使う  ことで、超低カロリーでありながらも  体に必要な栄養素は、しっかり補えるから  心配するような空腹感はないし、しかも!!  ちゃ~んと下半身から細くなれるの!  もっとも、そのためには一工夫必要だけどね。  そう、NS式と同時に下半身のマッサージ。  下半身からの脂肪放出を優性にさえすれば  全身バランスよく脂肪がおちていってくれるの。    効果的なマッサージ法は下記を確認してね。   → http://www.ashiyase.net/mailmag/vol236.htm
http://www.ashiyase.net/mailmag/vol237.htm  特にヒザから下の部分は念いりにね。  バンデージを併用して使うのも、おすすめよ。    http://www.ashiyase.net/mailmag/vol8.htm  足の先から圧迫することで、マッサージ同様、  老廃物や脂肪の運びだしがスムーズになるから。  NS式+マッサージ&バンデージで今年こそ  ベストプロポーションに挑戦してねっ!  ◇ あとがき  ◇◇--------  初夢は、正夢ってことがいわれるけど  だとすれば、今年の私は寝てばかり?  朝起きて覚えている夢の断片は  眠っているところだけ。。  寝ながら、眠っている夢をみるなんて  私の60数年の人生の中、はじめて。    正確には、  日本食屋さんっぽいところで、  イスに座り、上半身をテーブルに  ドテ~ッと投げだして爆睡しているの。  途中で、私のバッグに他の人の手が  のびてくるのを感じて、眠りながらも  その人の手を払い、バッグを自分の元に  抱えて、そのまま眠りつづけるの。  そのあと、店の人か誰かに起こされるの  だけど、目を覚ますと、何ともいえない  脱力感、というか、脳みそをかきまわされる  感覚というか、なんかこれまで経験したことの  ないような異様な感覚に襲われるのね。     (あれは、何だったんだろう??)    夢で覚えているのは、それだけなんだけど  実際に目をさましたとき、  夢と同様のヘンな感覚に       襲われましたから~~~っ!!   (ということは、やっぱ正夢??)  今年こそ、あなたの下半身が  スッキリしますように・・    では、また、お会いしましょう!  ====【今話題のココナツオイル】==============  私のもう一つのメルマガ【ナタタイ健康通信】の  次号でココナツオイルについて取りあげま~す!  【ナタタイ健康通信】にまだ登録していない  あなたは、ぜひ、この機会に登録してねっ! ↓  ↓     http://www.nstimes.info/ プチッと   (左上のボックス内からよろしくっ)  ==========================================    >>> 今日のおすすめリンク   ★ 「ほぐす&流す」でモデル脚に       http://www.ashiyase.net/mailmag/vol237.htm  (この前の号も一緒に読んでね)
 ★ 速効の脚やせ効果は圧迫法   http://www.ashiyase.net/mailmag/vol8.htm




    >>> NS式フルセット
      
http://tinyurl.com/pmlzl6w 

        バンデージ&オイル
      http://tinyurl.com/o8vvt9d
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  ■発行者:   ナターシャ・スタルヒン URL:    http://www.nstimes.info/ ◆フェイスブックでのフォローは http://www.facebook.com/starffin/  ■無断での転載・コピぺは厳禁!   Copyright(C)Natasha Starffin All Rights Reserved. ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ※いただいたメールはかならず目を通しますが、 お返事できないこともしばしば。ごめんなさい。m(_ _)m