ナターシャの
「下半身がみるみるヤセる!」

下半身太りに悩むあなたのため、憧れの下半身を手に入れる方法、教えます。 正しい方法で挑めば、あなたの下半身だってみるみる細くなります。 魅力的な美脚づくりが実現するまで、私がバックアップするから大丈夫。 美脚痩身ノウハウの大人気メルマガ、「下半身がみるみるヤセる!」のバックナンバーです。

メルマガ登録はこちら

(PC用アドレスのみ登録可)

メールアドレス

メールアドレス

美脚指導歴30年以上の経験と知識にもとづいた、大人気メルマガです。脚を細くするためのノウハウは、簡単でわかりやすいと大好評!お得情報も配信中!

プロフィール

ナターシャ・スタルヒン

美脚クリエーター、ホリスティック栄養学修士として、マスコミ、講演などで活躍。人気著書に、「食べて動いて「美脚」になる50の習慣」、「セルライトがスッキリ美脚痩身術」など。

第243号 早急に滞りを解消しよう!

  これであなたも超・脚・美・人!             第243号
 ∽───────────────────────────∽
  ナターシャの
    下 半 身 が み る み る ヤ セ る 
        
    ダイエットすると胸ばかり小さくなって、かんじんの下半身は
  ちっともやせないと嘆くあなた。そんなあなたに、下半身痩せ
  指導歴約30年、美容健康界カリスマ、ナターシャ・スタルヒンが
  下半身をホッソリさせる美脚痩身術の全ノウハウを伝授します。
 
                    URL http://www.nstimes.info/
 ∽───────────────────────────∽
 このメールマガジンは、こんなあなたにおすすめします・・・
 
 ● お気に入りのパンツ、太ももで引っかかってはけない人
 ● ふくらはぎが太くて、スカートを履くのをためらっている人
 ● ゾウ足で、なにを着ても似合わない人
 ● 上は9号、下は13号しか買えない人
 ● 下半身のことがコンプレックスで自分に自信がもてない人
 ● もうちょっと脚が細ければ、人生変わるのにと思ってる人
 ● 深くスリットの入ったタイトスカートで、大胆に脚を組んで
   男性の視線を釘づけにしたい人 
 ● とにかく脚を細くしたいんじゃ~~~!!!という人
 
    さあ~、今すぐ見せたくなる脚にチャレンジ!GO!!
 



 バレンタインデーに男性にチョコを送るなんて
 ぜんぜん腑に落ちない

 美脚クリエーター、ナターシャ・スタルヒンです。

 
 先週、いまどきのバレンタインデーのことを
 テレビでやっていたので、

 「チョコメーカーの戦略に乗っているだけじゃん」と
 ちょっと強い口調で、ひとりごとをいったら

 それを聞いていた娘が、
 「日本の文化になっているんだから、それに
  したがえば、いいの!」って、ピシャリ。

 なんでこんなことで私が怒られなければ
 ならないのか、意味不明~なのサ。


 それでは、今日も、あなたの美脚づくり
 いってみようか~~~っ!



 ◇ 早急に滞りを解消しよう!
 ◇◇------------------

 夕方になると脚がパンパンになって
 ブーツのジッパーがあがらない、
 
 歩くとビリビリしたり、脚全体がだるい。
 冷えもつらい!皮ふのボコボコも気になる…。 

 な~んてことで悩んでいる、あなたっ!

 むくみや冷え、セルライトの存在を自覚している
 あなたの体内の血液やリンパ液の流れは

 めっちゃ、滞っているはず。

 早急に改善しなくっちゃ、状況が悪化して
 下半身ばかりドンドン育っちゃうよっ!
 

 体内の水分の滞りは、セルライトの発生に
 直結!っていってもいいくらいだから

 姿勢や歩き方に気をつけたり、
 筋肉ポンプをしっかり働かせる運動したり、
         http://www.ashiyase.net/mailmag/vol11.htm
 
 日々のマッサージで、ほぐして流したり、
         http://www.ashiyase.net/mailmag/vol236.htm

 バンデージで静脈還流を促したり
        http://www.ashiyase.net/mailmag/vol8.htm

 いろいろ対策を講じていく必要があるね。

 こうした外部ケアは滞りを改善し、セルライトの形成を
 阻止して、下半身をスッキリさせていくために必須。

 ただ、滞りを根本的に解消していくためには、
 体内のインナーケアにも目をむけなくちゃね。



 ◇ 血液をサラサラに保とう
 ◇◇----------------------

 下半身デブで悩んでいる人って、ほぼ例外なく
 ドロドロのきたな~い血液をしているの。
            http://www.ashiyase.net/mailmag/vol56.htm
  

 せっかく外部ケアしても、血液がドロドロだと
 一時的な効果で終わってしまう可能性大ね。
                                         
 ドロドロ血液そのものが、血流を悪くしちゃうし、
 毛細血管やリンパ管にダメージをあたえたり

 微小循環や静脈・リンパ系のトラブルにつながり、
 これらの働きを低下させてしまうからね。
   (これこそセルライトの根本的な原因!)


 血液がドロドロになる理由はいろいろあるけど
 食生活の影響がと~~っても大きい。

 糖分や脂肪分のとりすぎも問題にはなるけど 
 とくに、タンパク質がらみに注意が必要なのっ!
 
 タンパク質の摂取不足で、血中タンパクが
 少なくなると、血中の水分は組織に出ちゃう。

 水分が少なくなった血液はドロドロに…。
 組織にでていった水分は、むくみに!
 
 それに、むくむと、血管は圧迫されるから
 ますます血液の滞りはひどくなっちゃう・・。

 私が美脚づくりに、超良質タンパク質の
 【ウルトラプロテイン】をすすめる一番の理由は
 このためね。
 
 (ほかにも、いっぱい理由はあるけど…)

 
 仮にタンパク質をしっかりとっていても
 よく噛んで食べていなかったり、

 酵素不足などで消化力が低下していたりすると
 未消化のタンパク質が血液中に入りこんじゃう。

 これが赤血球同士をくっつけてお団子状態にして
 ドロドロの血液をつくりだしてしまうことになるの。
 
 消化って想像以上に重要なことだから、
 
 食べる順番や食べ合わせを考えたり
 よ~く噛んで食べることを常に心がけてね。

 ちなみに私は、消化サポート&サラサラ対策
 として、ウルトラ酵素を愛用しているよっ。

 

 ◇ あとがき
 ◇◇--------
 
 「約束の時間に渋谷に行くには10時半に出れば
 まにあうから、10時にシャワって…」、などなど

 朝起きながら、今日の予定行動をシミレーション。  

 時間は十分あるから、のんびり生ジュースを
 飲みながら、
 
 PCを開いて、一応、自分のスケジュールを
 確認すると・・・・

 「木曜日。10時から来客」の文字が
 目に飛びこんできた!

 えっ! 時計をみると、9:40分。

 お客さまの対応をアシスタントに頼もうと
 あわてて事務所に電話をいれたけど、

 誰もでてくれない!
 こんなときに限って、休み???

 やばっ! こうしちゃいられん!と
 即行動開始。 

 シャワーにはいる時間はないから
 洗面台で、チャッチャと洗髪。

 急いで髪を乾かして、化粧して、着替えて、
 大急ぎで、1階上の事務所へ駆け込んだのが
 9時58分。 

 どうにか、まにあった~~。ヤレヤレ・・


 でも、待てど暮らせど誰もこない。。
 おかしいなぁ~~。

 と、ここで気がついた。

 今日は木曜日でなく水曜日だと・・・。
 
 アシスタントの休みの日だから
 いなくて、あったりまえじゃん。

 でも、ぎゃ! 

 水曜日の約束がある~~!
 
 またまた、あわてて走って、家に戻って、
 シャワって、慌ただしく
   
   外出しましたから~~~~っ!
      (30分位の間に、朝、2日分を過ごす羽目に。
    あ~ぁ、疲れた~~)
     

 あなたの下半身がスッキリしますように・・
 では、また、お会いしましょう!




 >>> 今日のおすすめリンク

  ★ ほぐして、流して・・
     http://www.ashiyase.net/mailmag/vol236.htm
     基本のマッサージはストローキング
     http://www.ashiyase.net/mailmag/vol35.htm


 ★ 圧迫法で静脈の滞りを流す!
     http://www.ashiyase.net/mailmag/vol8.htm


 ★ 下半身太りの人の血液はドロドロ
   http://www.ashiyase.net/mailmag/vol56.htm


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■発行者:   ナターシャ・スタルヒン
    URL:     http://www.nstimes.info/
  
  ◆フェイスブックでのフォローは
            http://www.facebook.com/starffin/

 ■無断での転載・コピぺは厳禁!
  Copyright(C)Natasha Starffin All Rights Reserved.
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   ※いただいたメールはかならず目を通しますが、
    お返事できないこともしばしば。ごめんなさい。m(_ _)m