ナターシャの
「下半身がみるみるヤセる!」

下半身太りに悩むあなたのため、憧れの下半身を手に入れる方法、教えます。 正しい方法で挑めば、あなたの下半身だってみるみる細くなります。 魅力的な美脚づくりが実現するまで、私がバックアップするから大丈夫。 美脚痩身ノウハウの大人気メルマガ、「下半身がみるみるヤセる!」のバックナンバーです。

メルマガ登録はこちら

(PC用アドレスのみ登録可)

メールアドレス

メールアドレス

美脚指導歴30年以上の経験と知識にもとづいた、大人気メルマガです。脚を細くするためのノウハウは、簡単でわかりやすいと大好評!お得情報も配信中!

プロフィール

ナターシャ・スタルヒン

美脚クリエーター、ホリスティック栄養学修士として、マスコミ、講演などで活躍。人気著書に、「食べて動いて「美脚」になる50の習慣」、「セルライトがスッキリ美脚痩身術」など。

第252号 美脚もブス脚も食べ物次第


 
    これであなたも超・脚・美・人!                 第252号
 ∽────────────────────────────────────∽


  ナターシャの
    下 半 身 が み る み る ヤ セ る 
        
     ダイエットすると胸ばかり小さくなって、かんじんの下半身は
  ちっともやせないと嘆くあなた。そんなあなたに、下半身痩せ
  指導歴約30年、美容健康界カリスマ、ナターシャ・スタルヒンが
  下半身をホッソリさせる美脚痩身術の全ノウハウを伝授します。
                    URL http://www.nstimes.info/
 ∽────────────────────────────────────∽


 このメールマガジンは、こんなあなたにおすすめします・・・
 
 ● お気に入りのパンツ、太ももで引っかかってはけない人
 ● ふくらはぎが太くて、スカートを履くのをためらっている人
 ● ゾウ足で、なにを着ても似合わない人
 ● 上は9号、下は13号しか買えない人
 ● 下半身のことがコンプレックスで自分に自信がもてない人
 ● もうちょっと脚が細ければ、人生変わるのにと思ってる人
 ● 深くスリットの入ったタイトスカートで、大胆に脚を組んで
   男性の視線を釘づけにしたい人 
 ● とにかく脚を細くしたいんじゃ~~~!!!という人
 
    さあ~、今すぐ見せたくなる脚にチャレンジ!GO!!
 


 スマホデビューして、1ヶ月以上たつのに
 いまだ目覚まし時計としてしか使っていない


 美脚クリエーター、ナターシャ・スタルヒンです。


 電話の通信費が安くなるアプリの設定ができず、
 こちらから電話をかけられない・・。


 着信があったか、どこで履歴を確認するかも分らない。


 「電話してもつながらない」とメールが入ったので
 「そんなはずない」と思って確認すると、電池切れ。。。


 結局、携帯電話としての機能をま~ったく
 果たしていないのサ。


 
 それでは今日も元気に、あなたの美脚づくり
 いってみようか~~~っ!
         


 ◇ 美脚もブス脚も食べ物次第
 ◇◇-----------------------


 今出ている【Saita】という雑誌で
 美脚特集が組まれているんだけど、


 私も登場しているの。久々に“美脚食”に
 ついて取りあげてもらっている。
             http://tinyurl.com/omeh395


 このメルマガを読んでいるあなただったら
 すでに、よ~く理解していると思うけど、


 食事で脚が細くなるなんて思いもしていない
 女性たちが、まだまだ、と~っても多いのね。


 取材にくる雑誌の記者さんでさえ、「食事が
 関係しているなんて、目からウロコです!」
 な~んて、こというのよっ!


 私たちの体は、丸ごと食べ物でできている。
 
 構造的なことばかりでなく、体内で
 おこなわれているあらゆる作業(代謝)も
 
 食事などで体内にとりこまれた栄養素が
 さまざまに形をかえて進行させているのね。


 だから、口にした食べ物の影響で、体は
 良くもなるし、悪くもなる。


 太りもするし、ヤセもする。


 下半身だって、食べ物の影響を強く受ける…
 これって、あったり前のことなのよね。


 もちろん、セルライトの形成&脚の太さなど、
 食べ物だけに起因するわけではないので


 その予防/解消のためには、さまざまな
 習慣をかえていかなければならなかったり


 外側からのケアが必要になってくるけど、


 なんといっても、食事の改善なしに
 根本的な改善は見込めないの。 


 


 ◇  美脚のための一義的な栄養素
 ◇◇--------------------------


 魅力的な美脚を手にいれるには、まず


 タンパク質中心の食生活に切り替えること
 って、何度も繰り返しお話ししているよね。


 糖質も脂質も、ビタミン&ミネラルも
 すべて大切だから、不足させるのはNGだけど、


 特にタンパク質に関しては、いくら気を
 使っても、使い過ぎってことはないのよ。
                 http://www.ashiyase.net/mailmag/vol47.htm


 タンパク質は良質に限るけど、食品のなかで
 一番理想的なタンパク源といえば、タマゴ。


 脚ヤセをふくめベストプロポーション維持には
 1日2個程度は食べたいね。


 調理方法としては、ポーチド・エッグが◎。
 
 巷では、エッグベネディクトなるものが
 超~話題になっているみたいだけど、


 これに使うのもポーチド・エッグよね。


 卵は生で食べると消化・吸収がとてもいいけど
 吸収がよすぎて、タンパク質が未消化のまま


 血液に入って、卵アレルギーのなかった人でも
 アレルギーになっちゃうことがあるの。


 それに、白身にふくまれるアビジンという物質が
 ビオチンというビタミンB群を不活性化しちゃう。


 なのでアビジンが壊れるまで加熱することが必要。


 アビジンは80℃程度の熱でこわれるし、
 卵白はジャスト80℃で凝固する。


 そこまで加熱すると、タンパク質が
 未消化のまま吸収されることもない。


 この条件をパーフェクトにクリアする
 調理法が、ポーチド・エッグなのね。


                         
 つくり方は簡単よ。


 小鍋に3センチ程度水を入れて火にかけ、
 沸騰したら弱火にして、割った卵を静かに
 入れて、フタをして火をとめるの。


 そのまま2~3分おいて、取りだせばOK!


 白身がかたまって黄身が半熟という状態で
 栄養素の破壊が最小限なので、


 卵自体がとても美味しく、一切調味料を
 加えなくても、そのまま食べられるのも
 理想ね。


 ちなみに、大豆のほうが健康的!と
 思っているダイエッターは多いけど、


 それは、完全に思い違いだからねっ!
     http://www.ashiyase.net/mailmag/vol173.htm


 


 ◇ あとがき
 ◇◇--------


 久々、ホテルでのパーティに出席することに…。


 化粧とヘアセットで、めいっぱい若づくりして、
 とっておきのパーティドレスでオシャレして、


 靴は12cmものハイヒール・・・完~~璧。
 
 でも、行きは電車利用なので、そんな靴
 履いては出られない。仕方ないので、


 靴を布袋に入れ、読みかけの本、折りたたみ傘、
 ポケットタオル&ペットボトルと一緒に、


 ハンディな手さげ紙袋に詰めこみ、いざ出陣。


 でも、電車に乗っていると、なんらかの拍子に、
 カパッ~!


 紙袋の片端が裂けちゃった~!
 
 メッチャあわてたけれど、冷静を装いつつ
 それ以上裂けないように手で袋をかかえ


 駅ナカのコンビニで、紙袋を買おうと
 したけど、売っていない!


 店員さんが気の毒がって、「大きめのレジ袋で
 よければ…」って、お弁当用のレジ袋を
 差しだしてくれた。


 と~ってもありがたかったんだけど、


 実際に袋をいれてみると、どうにも
 こうにも、おさまりが悪く


 かなり、みっともない格好で


     ホテル入りしましたから~~~っ!


 あなたの下半身がスッキリしますように・・
 では、また、お会いしましょう!


 


 
 >>> 今日のおすすめリンク


 ★ 超良質タンパク質をしっかり補おう!
   http://tinyurl.com/orrqy6z

 ★ タンパク質不足で、すべての代謝はスローダウン
      http://www.ashiyase.net/mailmag/vol47.htm


   ★ ソイプロテインじゃ~~
      http://www.ashiyase.net/mailmag/vol173.htm



  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■発行者:   ナターシャ・スタルヒン
    URL:     http://www.nstimes.info/


  ◆フェイスブックでのフォローは
               http://www.facebook.com/starffin/


 ■無断での転載・コピぺは厳禁!
  Copyright(C)Natasha Starffin All Rights Reserved.
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

  ※いただいたメールはかならず目を通しますが、
      お返事できないこともしばしば。ごめんなさい。m(_ _)m