ナターシャの
「下半身がみるみるヤセる!」

下半身太りに悩むあなたのため、憧れの下半身を手に入れる方法、教えます。 正しい方法で挑めば、あなたの下半身だってみるみる細くなります。 魅力的な美脚づくりが実現するまで、私がバックアップするから大丈夫。 美脚痩身ノウハウの大人気メルマガ、「下半身がみるみるヤセる!」のバックナンバーです。

メルマガ登録はこちら

(PC用アドレスのみ登録可)

メールアドレス

メールアドレス

美脚指導歴30年以上の経験と知識にもとづいた、大人気メルマガです。脚を細くするためのノウハウは、簡単でわかりやすいと大好評!お得情報も配信中!

プロフィール

ナターシャ・スタルヒン

美脚クリエーター、ホリスティック栄養学修士として、マスコミ、講演などで活躍。人気著書に、「食べて動いて「美脚」になる50の習慣」、「セルライトがスッキリ美脚痩身術」など。

第258号 チアシードはダイエッターの夢の食品?


  これであなたも超・脚・美・人!                 第258号
 ∽───────────────────────────∽
  ナターシャの
    下 半 身 が み る み る ヤ セ る 
        
  ダイエットすると胸ばかり小さくなって、かんじんの下半身は
  ちっともやせないと嘆くあなた。そんなあなたに、下半身痩せ
  指導歴約30年、美容健康界カリスマ、ナターシャ・スタルヒンが
  下半身をホッソリさせる美脚痩身術の全ノウハウを伝授します。
 
                    URL http://www.nstimes.info/
 ∽───────────────────────────∽
 このメールマガジンは、こんなあなたにおすすめします・・・
 
 ● お気に入りのパンツ、太ももで引っかかってはけない人
 ● ふくらはぎが太くて、スカートを履くのをためらっている人
 ● ゾウ足で、なにを着ても似合わない人
 ● 上は9号、下は13号しか買えない人
 ● 下半身のことがコンプレックスで自分に自信がもてない人
 ● もうちょっと脚が細ければ、人生変わるのにと思ってる人
 ● 深くスリットの入ったタイトスカートで、大胆に脚を組んで
   男性の視線を釘づけにしたい人 
 ● とにかく脚を細くしたいんじゃ~~~!!!という人
 
    さあ~、今すぐ見せたくなる脚にチャレンジ!GO!!
 


 20時間ほとんど座りっぱなしで、お尻が痛くなった
 美脚クリエーター、ナターシャ・スタルヒンです。
 


 今はメインの仕事が執筆なので、普段から
 座りっぱなしのことが多いのだけど、


 最近太陽エネルギー不足で頭の回転が遅く
 締切りギチギチの原稿が山積みなのサ。
 
 
 さあ、今日も元気に、あなたの美脚づくり
 いってみようか~~~っ!
         


 ◇ ホルモン・リセットダイエット?           
 ◇◇---------------------------
 
 前号で、エストロゲン優勢の状態は
 まずいんだよ~ッていう話しをしたけど
               
 ちょっと混乱を招いちゃったようで、
 ご質問メールがいっぱいきちゃった!


 ホルモンって、実はと~っても複雑なのね。


 このメルマガでは下半身ヤセに絞って
 話しを進めざるを得ないので、


 更年期障害がらみなどは、私のもう一つの
 メルマガ【ナタタイ健康通信】で


 近日中に、取りあげるようにするから
 そちらを読んでね。
       (ご登録がまだのあなたは↓↓
             http://www.nstimes.info/  )


 実は私、ホルモンバランスにスポットをあてた 
 40歳からの下半身ヤセの本の執筆し始めたんだけど


 資料を探していて、ビックリしたことがあるの。


 昨年あたりからアメリカでは、ホルモン
 リセット・ダイエットなるものが発表され
 
 今年になってから続々と著作物がでてきているの!
 さっそく10冊入手して、読んでいるんだけど、


 どの著者も、ホルモンバランス・フードとして
 【チアシード】を絶賛しているので二度ビックリ!  


 日本でも、「ミランダ・カーやローラが愛用!」
 って、チアシードが出まわりはじめたとき、


 あまりにも「満腹感で楽々ダイエット」を
 強調していたので、「あ~、またか~」と
 思って、よく調べもせず、 


 「異物でお腹を膨らませるようなダイエットは
  NG!」って、頭っから否定していたの。


 でも、今回の執筆をきっかけに、調べれば
 調べるほど、うまく食生活にとりいれるべき


 食品だ~って、確信できるようになったので
 あなたにも、おすすめしたいナ。 
                 http://tinyurl.com/o7y3428


 


 ◇  ダイエッターにとって夢の食品?
 ◇◇--------------------------------


 チアシードは、ゴマより小さめのタネの
 一種なんだけど、水をふくむと


 12~14倍に膨れあがるので、少ない食事でも
 満腹感を得やすいというだけではなく、


 摂取して2時間は食欲が抑制され、また
 食後の血糖値の急上昇も抑えてくれるの。


 コンニャクのような0カロリーで栄養素も
 含まれない食品でお腹を膨らませると、


 食事全体のカロリーカットにはなっても
 必須の栄養素が不足することになり、


 一時的にやせても、リバウンドしやすい
 体になってしまうのね。必要な栄養素が


 体に入ってこないから満足感がなく、
 結局、あとでドカ食いに走ることにも…。


 でも、チアシードには食物繊維はもちろん、
 タンパク質やカルシウム、マグネシウム、


 カリウム、オメガ3の脂肪酸など、あなたの
 キレイをサポートしてくれる栄養素いっぱいだし、
 デトックス効果もバッチリ。


 ホルモンがらみでは、血糖値の安定、
 インスリン抵抗性の予防/インスリン
 感受性の改善が、一番大きいかな。


 血中にあふれた糖を筋肉などの組織に
 とり込まれやすくしてくれるってことね。
   (脂肪細胞を太らせるのではなく…)


 無作為臨床試験では、メタボの被験者で
 チアシード入り飲料を2ヶ月間飲んだ人は
 
 飲まなかった人に比べ、より多く体脂肪が減り、
 アディポネクチンが増えていたのよっ!


 アディポネクチンもホルモンの一種で 
 血糖値を下げる作用や肝臓への脂肪蓄積を
 防ぐ作用があるとされるんだけど、


 ダイエットシグナルのレプチンを脳にしっかり
 送って、中性脂肪の分解を促したりしてくれる。
 
 また、チアシードには、「幸せホルモン」と
 いわれるセロトニンの原料、トリプトファンも
 
 多く含まれるから、自然に甘い物を
 カットできるようになると思うよ。


 
 ある臨床前試験では、チアシードが「乳がんの
 成長と転移を防いだ」としているから、


 エストロゲン優位の状態の改善にも◎と
 いってもいいんじゃないかな?
 
 この他にもさまざまな研究で、美容/健康
 メリットが証明されてきているから、


 自分の食生活にうまく取りいれると
 いいねっ!
 


 ◇ あとがき
 ◇◇--------


 外出の寸前に、電話がかかってきた。


 電話を切るなり、「ヤバッ!遅れる!!」と
 バックを持って、大あわてて家を飛び出した。


 早足で駅に向かったけど、途中風が強く、
 髪の毛がとぐろを巻くようになったので


 「ブラシもってきただろうな?」と思って
 歩きながらバック内を確かめたら、ない!


 「駅近くのコンビニで買えばいいや」と、
 そのまま数分歩いたところで、今度は


 「携帯いれたかな~」と心配になり、
 バック内を確かめたら、これも、ない!


 「まあ、どうせ使わないだろう」と
 あきらめつつ、先を急いだ。。


 そして駅を目の前に、「招待状は??」


 やだ~、テーブルに置きっぱなし~~。


 大体の場所は分っているし、招待状が
 なくても入れるだろうけど、どのビルか、


 ましてや何階かさえ分らないから
 たどりつけな~~い!


 どうしようもなく、来た道を引き返し


    自宅に戻りましたから~~~っ!
     (こんなことなら、ブラシのことに気づいた
     時点で、すぐ、戻ればよかった~)


 あなたの下半身がスッキリしますように・・
 では、また、お会いしましょう!


 


   


 >>> 今日のおすすめリンク


 ★  中高年のダイエット成功術
    (インスリン感受性を取り戻す)
      http://www.nstimes.info/mailmag/vol62.htm


 ★ 脂肪細胞が体内の機能を調節?
   http://www.nstimes.info/mailmag/vol83.htm
          (ちょっと難しいかも。。)


 
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ナターシャ・スタルヒンの情報サイト 
        http://www.nstimes.info/


 ■フェイスブックでのフォローは
     http://www.facebook.com/starffin/
 
 ■無断での転載・コピぺは厳禁!
  Copyright(C)Natasha Starffin All Rights Reserved.
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━