ナターシャの
「下半身がみるみるヤセる!」

下半身太りに悩むあなたのため、憧れの下半身を手に入れる方法、教えます。 正しい方法で挑めば、あなたの下半身だってみるみる細くなります。 魅力的な美脚づくりが実現するまで、私がバックアップするから大丈夫。 美脚痩身ノウハウの大人気メルマガ、「下半身がみるみるヤセる!」のバックナンバーです。

メルマガ登録はこちら

(PC用アドレスのみ登録可)

メールアドレス

メールアドレス

美脚指導歴30年以上の経験と知識にもとづいた、大人気メルマガです。脚を細くするためのノウハウは、簡単でわかりやすいと大好評!お得情報も配信中!

プロフィール

ナターシャ・スタルヒン

美脚クリエーター、ホリスティック栄養学修士として、マスコミ、講演などで活躍。人気著書に、「食べて動いて「美脚」になる50の習慣」、「セルライトがスッキリ美脚痩身術」など。

第277号 筋肉を鍛えれば脂肪は落ちる?


 
    これであなたも超・脚・美・人!                第277号
 ∽───────────────────────────∽
  ナターシャの
    下 半 身 が み る み る ヤ セ る 
        
  ダイエットすると胸ばかり小さくなって、かんじんの下半身は
  ちっともやせないと嘆くあなた。そんなあなたに、下半身痩せ
  指導歴約30年、美容健康界カリスマ、ナターシャ・スタルヒンが
  下半身をホッソリさせる美脚痩身術の全ノウハウを伝授します。
 
                    URL http://www.nstimes.info/
 ∽───────────────────────────∽
 このメールマガジンは、こんなあなたにおすすめします・・・
 
 ● お気に入りのパンツ、太ももで引っかかってはけない人
 ● ふくらはぎが太くて、スカートを履くのをためらっている人
 ● ゾウ足で、なにを着ても似合わない人
 ● 上は9号、下は13号しか買えない人
 ● 下半身のことがコンプレックスで自分に自信がもてない人
 ● もうちょっと脚が細ければ、人生変わるのにと思ってる人
 ● 深くスリットの入ったタイトスカートで、大胆に脚を組んで
   男性の視線を釘づけにしたい人 
 ● とにかく脚を細くしたいんじゃ~~~!!!という人
 
    さあ~、今すぐ見せたくなる脚にチャレンジ!GO!!
 


   
 今日は、インタビューの撮影に行ってきた
 美脚クリエーター、ナターシャ・スタルヒンです。 


 
 7月24日に、父・スタルヒンの番組が
 フジテレビで放映されることになり、


 その収録があったの。


 野茂英雄元投手、古田敦也元捕手も
 出演してくれることになっているのだけど


 今日は私だけ、原宿の東郷神社
      (近くに父と住んでいた)
 と、近くの飲食店で、撮影。


 「○○のとき、お父さんはどんな
  思いだったのでしょうか?」


 みたいな質問が多かったのだけど、


 そんなこと聞かれたって、本人じゃない
 のだから、答えられっこないのサ。


 
 さあ、今日も元気に~
   あなたの美脚づくり
       いってみようか~っ!


 


 ◇   筋肉鍛えれば脂肪は落ちる?     
 ◇◇----------------------------
 
 今日はまず、いただいたご質問から
 みていくことにしようね。


 「脚を細くするには筋肉をつけなくては
  ダメだと聞くことが多いのですが、


  太ももの筋肉を鍛えたら その上に
  ドカッと居座っているお肉もスッキリ
  消えてくれるのでしょうか?」


  
 筋肉というのは、脂肪を燃やす場所
 って、これまでにもお話ししたよね。


 十分な筋肉がないと、脂肪を燃焼する
 場所もないということだから、


 脂肪だらけの脚になってしまう。


 美脚づくりのためには適量の筋肉が
 保持されている必要があるってことね。


 そのために、ある程度は
 筋肉を鍛えなければならない。
  
 でも、太ももの筋肉を鍛えさえしたら、


 皮下脂肪がスッキリ落ちて、脚が
 細くなるっていうものでもないのよ。


 
 私たちのからだに蓄えられている
 体脂肪は、「合成と分解」を


 たえずくり返しているのだけど、


 合成が分解を上まわれば脂肪の量は増え、
 合成より分解が活発になれば脂肪は減る。


 という、あったり前の関係にあるのね。


 従って、合成<分解 にすることで
 脂肪が減っていくわけだけど、


 残念ながら、筋肉を鍛えることだけ
 では、この図式にはならないの。


 体脂肪量のコントロールを正しく
 おこなっていくためには、


 脂肪の合成と分解のしくみを
 ちょっと理解する必要があるね。


 


 ◇ リパーゼが分解を促すけど…
 ◇◇------------------------


 脂肪の合成を減らすには
 なんといったって、


 脂肪の原料となる食事の量や
 内容を調節するっきゃない。


 そのうえで、脂肪の分解→燃焼を
 考えていかなければならないのね。


 余分な脂肪を燃焼していくには
 
 脂肪細胞内に蓄えられた脂肪球を
 まず分解しなくてはならないの。
     (脂肪球って覚えているかな?)
   http://www.ashiyase.net/mailmag/vol97.htm


 この分解を促すには、リパーゼ
 (脂肪分解酵素)と脂肪球が


 接触しなければならないのだけど、
 それには、ノルアドレナリン、


 アドレナリン、副腎皮質刺激ホルモンなどの
 ホルモンが分泌される必要があるの。


 これらホルモンが、脂肪分解の
 スイッチを押すようなもんね。


 これらホルモン分泌を促すには、
 中等度の全身運動が効果的なの。


 全身運動の刺激が体に加わると
 これらのホルモンが分泌され、


 リパーゼの働きによって脂肪細胞内の
 脂肪が分解→脂肪酸が放出される。
 
 脂肪酸は血液を通して筋肉へ運ばれ


 筋肉活動によって、
 二酸化炭素と水に分解されるの。


 このとき発生するエネルギーが
 筋肉活動のエネルギーとして使われ、


 脂肪が燃焼していくことに…。


 ここでいう運動は、あくまでも
 全身運動(有酸素運動)であって、


 筋肉を鍛える運動とは違うの。


 鍛えて発達した筋肉は、それだけ
 多くの脂肪を燃やすことができるし、


 美脚づくりのためにも、筋肉を鍛える
 いわゆる筋トレが必要だけど、


 皮下脂肪を落していくためには、


 食事療法や全身運動も併用する
 必要がある、ってことなのね。


 
 長くなちゃったので、つづきは次回・・。


.
 ◇ あとがき
 ◇◇---------


 昨日、久々に友人と待ち合わせ。


 待ち合わせ場所で、立って
 待っていると、うしろから


 「ナタ・・」との声がしたので
 振りむくと、友人が


 ニヤニヤしながら近づいてきて、


 「今日は、おニューのパンツ?」って…。


 えっ?何でそんな質問?それに、
 なんで分ったのかなぁ?と


 不思議そうな顔をしていると・・


 「ほら、そこ、ついてるよ~」って


 いたずらっぽく、笑いながら
 指さした先をみると・・・


 ぎゃ~っ!!


 幅2~3cm、長さ25cmくらいの
 サイズ表示のテープが


 お尻から太もものやや後ろ側に
 べ~ったり
 
      貼ってありましたから~~~っ!
   (履くときに全然気づかなかった。。
    これで電車&バスに乗っていた~っ)
 
 
 あなたの下半身がスッキリしますように…
 では、また、お会いしましょう!
 


 


  =============================
  年齢に関係なく、ホルモンバランスは
  大切だから、私の新刊ぜひ読んでね!
          ↓  ↓ 
           http://tinyurl.com/jdxz9db
  ============================


 


 >>> 今日のおすすめリンク


 ★ 脂肪って?
     http://www.ashiyase.net/mailmag/vol97.htm


 ★ セルライトと脂肪は違う?
     http://www.ashiyase.net/mailmag/vol242.htm


 ● 乳がんリスクは高まる一方!
     (麻央さんのことも心配だね~)
      http://www.nstimes.info/mailmag/vol113.htm
        この機会にご登録もっ!
 
     


 >>美脚ライン応援キャンペーン<<♪♪
   ボーナスポイント同時開催の
   ダブル・キャンペーン!!
         
   レッグスリム(なんと50%OFF!)
     http://tinyurl.com/onskrf8


   美脚セット(33%OFF)
   http://tinyurl.com/nmos4yb


      ボディメイキング(30%OFF)
    http://tinyurl.com/oo3mzf7


   スリムメイキングセット(30%OFF)
   http://tinyurl.com/oevumvp


 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ナターシャ・スタルヒンの情報サイト 
        http://www.nstimes.info/


 ■フェイスブックでのフォローは
     http://www.facebook.com/starffin/
 
 ■無断での転載・コピぺは厳禁!
  Copyright(C)Natasha Starffin All Rights Reserved.
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━