ナターシャの
「下半身がみるみるヤセる!」

下半身太りに悩むあなたのため、憧れの下半身を手に入れる方法、教えます。 正しい方法で挑めば、あなたの下半身だってみるみる細くなります。 魅力的な美脚づくりが実現するまで、私がバックアップするから大丈夫。 美脚痩身ノウハウの大人気メルマガ、「下半身がみるみるヤセる!」のバックナンバーです。

メルマガ登録はこちら

(PC用アドレスのみ登録可)

メールアドレス

メールアドレス

美脚指導歴30年以上の経験と知識にもとづいた、大人気メルマガです。脚を細くするためのノウハウは、簡単でわかりやすいと大好評!お得情報も配信中!

プロフィール

ナターシャ・スタルヒン

美脚クリエーター、ホリスティック栄養学修士として、マスコミ、講演などで活躍。人気著書に、「食べて動いて「美脚」になる50の習慣」、「セルライトがスッキリ美脚痩身術」など。

第283号 太ももの一部が凹んでいる!?


 
    これであなたも超・脚・美・人!                第283号
 ∽───────────────────────────∽
  ナターシャの
    下 半 身 が み る み る ヤ セ る 
        
  ダイエットすると胸ばかり小さくなって、かんじんの下半身は
  ちっともやせないと嘆くあなた。そんなあなたに、下半身痩せ
  指導歴約30年、美容健康界カリスマ、ナターシャ・スタルヒンが
  下半身をホッソリさせる美脚痩身術の全ノウハウを伝授します。
 
                    URL http://www.nstimes.info/
 ∽───────────────────────────∽
 このメールマガジンは、こんなあなたにおすすめします・・・
 
 ● お気に入りのパンツ、太ももで引っかかってはけない人
 ● ふくらはぎが太くて、スカートを履くのをためらっている人
 ● ゾウ足で、なにを着ても似合わない人
 ● 上は9号、下は13号しか買えない人
 ● 下半身のことがコンプレックスで自分に自信がもてない人
 ● もうちょっと脚が細ければ、人生変わるのにと思ってる人
 ● 深くスリットの入ったタイトスカートで、大胆に脚を組んで
   男性の視線を釘づけにしたい人 
 ● とにかく脚を細くしたいんじゃ~~~!!!という人
 
    さあ~、今すぐ見せたくなる脚にチャレンジ!GO!!
 


 


 今回は、話が大分長くなっちゃうかな?と、
 ちょっぴり心配な、
 
 美脚クリエーター、ナターシャ・スタルヒンです。


 太ももの凹みで、深刻に悩んでいるという
 読者さんからご質問メールをいただいたの。
 
 その悩みとは、太もものつけ根から
 15センチ程度下のところが、


 大きくスプーンで掬ったような、麺棒を
 押しつけた跡のように凹んでいること。


 なぜこのような状態になってしまったのか、
 また、その解決法を知りたいとのこと。


 う~~ん、これってかなり複雑で、
 簡単には、答えられないのサ。


 それでは、今日も元気に
 あなたの美脚づくり


 いってみようか~っ!


 


 ◇ 太ももの一部が凹んでいる!?
 ◇◇----------------------------


 太ももなどの脂肪組織におこるトラブルと
 いえば、すぐに思いつくのがセルライトね。


 これは、凹みというより、硬いコラーゲン繊維が
 柔らかい脂肪細胞に食い込むような感じで
 凸凹状態がつくられてしまう状態ね。


 → http://www.ashiyase.net/cellulite.index.html
   (両手で引き寄せている部分はもちろんだけど、
    その部分以外をみると、皮膚が凹んでいたり
    波打っているのが確認できる)


 デコボコではなく、へっこみのみということだと、
 
 脂肪組織炎や皮膚線維腫、脂肪壊死症、
 脂肪組織萎縮症などのケースも考えられ、
 
 単に美容的な問題のものから、それこそ
 致命的な問題になりうるものまであるの。


 ということで、「凹みの原因&解消法」は、
 一概には答えられないし、メルマガで


 とりあげるのも、正直、無理があるのね。


 ただ、ググってみると、意外に同じような
 悩みを抱えている人が多いようなので、
 
 あくまでも一般論として、今回とりあげる
 ことにしたの。
 
 
  脂肪細胞内の脂肪は、それがどの部位の
 脂肪であっても、つねに分解して、


 新しいものと入れかわっているって
 これまで何回かお話ししたよね?
        http://www.ashiyase.net/mailmag/vol4.htm


 細胞自体も、死んでも生まれかわるので、
 脂肪細胞数や脂肪組織が減少することは
 本来、ないはずなのね。
 
 にもかかわらず、皮膚表面が凹んでしまい、
 それが長期間もどらないということは、


 その部分の細胞の欠損、あるいは、脂肪
 組織の減少ということでしょうから、


 代謝になんらかの問題を抱えているか、


 子供の頃のケガや手術、脂肪吸引、注射、
 極度のストレスなどによる細胞壊死か、


 遺伝子の突然異変などが、すぐ頭に浮かぶね。
   (他のケースもいろいろあるけど…)


 


  ◇   美容上の問題だけならいいけど…                
 ◇◇-------------------------------        


  遺伝子の突然異変でいえば、腕や両脚など、
 狭い範囲で、脂肪組織が少なくなる、


 「部分性」や「限局性」の脂肪萎縮(症)が
 あるのだけど、


 どの遺伝子に突然異変があるかによって
 6つものタイプに分類されている。


 脂肪萎縮症には後天性もあるけど
 その原因はさまざま。


 つまり、とても複雑なトラブルね。


 また、脂肪組織の減少範囲がどれくらいかに
 よって代謝の問題の深刻さが、かわってくる。


 このうち「限局性」の場合は、一般的に
 外見上─見た目がよくないだけであって


 代謝異常による病気の発症には至らない。
  ただ、その見極めは素人判断はまずいね。


 脂肪萎縮や壊死の場合、なんらかの治療で
 凹みがなくなり、元に戻るということはないの。 


 (深刻なものでなければ)日々のマッサージで
 目立たなくなったというケースは多々ある。


 また、代謝異常がでないよう、食事管理を
 していくことも大切ね。


 アメリカでは、こうした"美容上"の問題には
 "脂肪注入"を勧めるドクターが多いみたい。


 
 一方、太ももの凹こみが「元に戻る」という
 ケースもあるので、参考までお伝えするね。


 一定期間おなじ箇所を部分的に圧迫し
 つづけることで、脂肪がつぶされたり
 移動したりすることで、 
 
 太ももに凹みをつくってしまうことは
 よく知られているよね。たとえば↓
    http://www.ashiyase.net/mailmag/vol117.htm
                  (その解消法は、↑)


 こうした圧迫による凹みではなく、


 「静電気や電磁波のエネルギーが大量に
 発生している自動化されたオフィスが
 原因」とする説が最近出てきているの。


 写真を数枚みせてもらったのだけど、
 両太ももの前が、横10~15センチ位、


 縦1~3センチ程度、何かを押しつけた
 ように、ペコ~~ンと凹むのね。
 
 デスクの高さと同じくらいの位置に、
 3~6ヶ月くらいかけて凹みがあらわれ、


 その職場環境から離れると、数ヶ月で、
 凹みは消え、正常な状態に戻るのだとか。


 デスクによる圧迫とは、まったく関係なく、
 電子機器が多いオフィスのみで発生。
 
 電磁波や電気的刺激が組織に損傷をあたえ、


 体が脂肪組織を吸収するようになるのかも、
 な~んていわれているのよ。
 
 


 ◇ あとがき
 ◇◇----------


 脚やせやダイエット、あるいは
 健康についての個人的なご相談は、


 ここしばらく受けていなかったけど、


 『個人的な相談にのってくださ~い!』
 というご要望が、最近とっても多いの。


 そこで、個人相談もお受けするように
 現在、準備中で~~す!!
    (10月中旬からスタート予定)
 
 個人的なご相談を受けるには、いろいろ
 調べなければならないことも多く、


 かなり時間がとられるので
 有料にせざるを得ないのだけど、


 当面はメール相談の受付のみ。


 でも、追々、電話やスカイプでのご相談、
 面談によるご相談なども受けるように
 したいと思っている。


 さらには、美脚クリエーター養成講座とか、
 資格認定講座みたいなものも


 つくりたいと思っているの。
  (これは、しばらく先になるけど…)。
 
 今後のお知らせ、お楽しみにね♪
 


 あなたの下半身がスッキリしますように…
 では、また、お会いしましょう!




  >>> 今日のおすすめリンク


 ★ あなたのセルライトレベルは?
     http://www.ashiyase.net/cellulite.index.html


 ★ 太股に段差?
   http://www.ashiyase.net/mailmag/vol117.htm

 ★ やせていても、セルライト
     http://www.ashiyase.net/mailmag/vol4.htm


 


  ≫もう一つの私のメルマガ≪
      【ナタタイ健康通信】も
    ぜひ、ご登録を!
   http://www.nstimes.info/
          (左上のボックスから…)


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ■ナターシャ・スタルヒンの情報サイト 
        http://www.nstimes.info/


 ■フェイスブックでのフォローは
     http://www.facebook.com/starffin/
 
 ■無断での転載・コピぺは厳禁!
  Copyright(C)Natasha Starffin All Rights Reserved.
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━