ナターシャの
「下半身がみるみるヤセる!」

下半身太りに悩むあなたのため、憧れの下半身を手に入れる方法、教えます。 正しい方法で挑めば、あなたの下半身だってみるみる細くなります。 魅力的な美脚づくりが実現するまで、私がバックアップするから大丈夫。 美脚痩身ノウハウの大人気メルマガ、「下半身がみるみるヤセる!」のバックナンバーです。

メルマガ登録はこちら

(PC用アドレスのみ登録可)

メールアドレス

メールアドレス

美脚指導歴30年以上の経験と知識にもとづいた、大人気メルマガです。脚を細くするためのノウハウは、簡単でわかりやすいと大好評!お得情報も配信中!

プロフィール

ナターシャ・スタルヒン

美脚クリエーター、ホリスティック栄養学修士として、マスコミ、講演などで活躍。人気著書に、「食べて動いて「美脚」になる50の習慣」、「セルライトがスッキリ美脚痩身術」など。

第284号 そもそも、なんで凸凹に?


 
    これであなたも超・脚・美・人!                第284号
 ∽───────────────────────────∽
  ナターシャの
    下 半 身 が み る み る ヤ セ る 
        
  ダイエットすると胸ばかり小さくなって、かんじんの下半身は
  ちっともやせないと嘆くあなた。そんなあなたに、下半身痩せ
  指導歴約30年、美容健康界カリスマ、ナターシャ・スタルヒンが
  下半身をホッソリさせる美脚痩身術の全ノウハウを伝授します。
 
                    URL http://www.nstimes.info/
 ∽───────────────────────────∽
 このメールマガジンは、こんなあなたにおすすめします・・・
 
 ● お気に入りのパンツ、太ももで引っかかってはけない人
 ● ふくらはぎが太くて、スカートを履くのをためらっている人
 ● ゾウ足で、なにを着ても似合わない人
 ● 上は9号、下は13号しか買えない人
 ● 下半身のことがコンプレックスで自分に自信がもてない人
 ● もうちょっと脚が細ければ、人生変わるのにと思ってる人
 ● 深くスリットの入ったタイトスカートで、大胆に脚を組んで
   男性の視線を釘づけにしたい人 
 ● とにかく脚を細くしたいんじゃ~~~!!!という人
 
    さあ~、今すぐ見せたくなる脚にチャレンジ!GO!!
 


 


 これまでの何倍も、外出することが多くなった
 美脚クリエーター、ナターシャ・スタルヒンです。


 昨年あたりから執筆関係の仕事が多くなり
 ほとんど部屋に籠もりっきりみたいな


 モグラ生活がつづいていたのだけど、
 心機一転、あらたなことを始めたら


 ほぼ毎日、朝から晩まで出ずっぱり。
 
 ライフスタイルが一気にかわり
 なかなか体がついてこないのサ。


 それでは、今日も元気に
 あなたの美脚づくり


 いってみようか~っ!


 


 ◇ そもそも、なんで凸凹に?
 ◇◇------------------------


 前号で、太もものへっこみについて
 書いたら、すかさず別のメールが…。


 「そもそも、なんでセルライトなんて
  できるんですか?


  私はどちらかというと痩せているのに
  太ももは、セルライトで凸凹です」


 って。。。


 まず、理解しておいてほしいのは、


 あなたが痩せていようが太っていようが
 体の皮下には脂肪組織があるということ。


 大相撲の力士と細身のモデルを比べても
 
 脂肪組織を構成している脂肪細胞の数
 そのものは、そんなに変らないのよ!
 
 驚きでしょっ!!
 


 セルライトは、【ダメージを受けた
 脂肪組織】のことだから、
 
 いくら痩せていたとしても、
 脂肪組織が存在する以上、


 セルライトが発生する可能性は
 かならずある、ってことなの。


 当然、脂肪細胞が脂肪の蓄積により
 肥大すればするほど、あきらかに


 凸凹が目立つようになるけどね。
         http://www.ashiyase.net/mailmag/vol4.htm


 そもそも、セルライトがなぜできるかに
 ついては、これまで何度も書いているから


 バックナンバーを探すか、くわしくは
 私の本(『セルライトがすっきり美脚術』他)を
           https://tinyurl.com/hbgkbgw


 読んでいただければ、いいのだけど、
 一応、簡単におさらいしておこうね。


 


  ◇   セルライトになるのは…                
 ◇◇-----------------------        


 なぜ、脂肪組織がダメージを受けるのかを
 きちんと説明しようとすると、小難しい
 話しになってしまうのだけど、


 大幅に省略して、簡単にいっちゃうと、
 
 からだの中の【配送】(デリバリー)と【回収】
 システムがうまく機能していないからなの。


 たとえば、日常必要な食品や物資などが、
 流通のトラブルで、自分の生活圏に


 何日も、何ヶ月も届かなかったら??


 ゴミの収集(回収)の職員のストライキで
 長期間ゴミが回収されない、あるいは、


 地域の下水管が詰まっちゃって、長期間
 トイレを流せなくなっちゃったら??


 各家庭の生活は、もろに影響をうけるし、
 地域全体が機能しなくなってしまうよね。


 体の中でも同じようなことが起こるの。


 酸素や栄養素たっぷりの血液が、きちんと
 細胞/組織に届けられ、→配送


 静脈によって二酸化炭素や老廃物や
 毒素がとりのぞかれ、 →回収


 リンパ排液によって余分な水分が
 スムーズに排出される。
              →  回収&廃棄ね
 
 このように配送&回収がうまくいっていれば
 いいのだけど、いずれか、またはその両方に
 なんらかのトラブルが発生したら、


 各細胞はもちろん、細胞が集まってできている
 組織にまで、大きな影響がでることになる。


 トラブルの原因となるのは、誤った食生活、
 ライフスタイル、体の歪み、ストレス、etc., etc.…。
 
 だから、こうしたこと一つ一つを見直して、
 問題があれば、取りのぞくか、改善していく
 必要があるわけね。
 
 とりあえず、


 第4号→ http://www.ashiyase.net/mailmag/vol4.htm
 第5号→ http://www.ashiyase.net/mailmag/vol5.htm


 読みなおしてみてねっ!


 


 ◇ あとがき
 ◇◇---------


 米国小切手の入金を受付けてくれる
 銀行に行く時間がなかなかなく、


 受付期限を過ぎちゃいそうで
 心配していたところ、


 表参道での打ち合せが入り、運良く、
 その場所が銀行のすぐそば!


 ラッキーと思い、小切手と銀行カードを
 バッグにいれて、まずは約束の場所に。


 食事をしながらのミーティングだったけど、
 (次の時間帯の約束も入っていたので)
 
 早めに切りあげ、銀行に。


 受付でカードの提示とともに、
 小切手をとり出そうとしたら・・


 えっ!? ないっ!!


 確かに、財布に入れたはずなのに。。。


 何度確認しても、ない。。
 
 手帳に挟んだかもと思って確認。
 でも、手帳の間にもない!


 受付嬢の目の前でバッグの中身を
 全部ぶちまけて、丹念に確認。。


 でも、ないっ!


 結局、用事を済ませぬまま次のアポに…。


  
 どこかで落していないことを祈りつつ、
 朝からの行動を思いおこしてみた。


 家をでるとき、財布からレシート&
 紙類をゴソッと抜きだしたよなぁ~・・


 せっかく入れた小切手まで
 出しちゃったのかなぁ~?? 


 家に帰って領収書用ボックス内を確認すると・・


 レシートの束のなかに、小切手も


   埋もれていましたから~~~っ!
    (我ながら、あまりにもアホすぎだ~)


  
 あなたの下半身がスッキリしますように…
 では、また、お会いしましょう!


 


 >>> 今日のおすすめリンク


 ★ ヤセていても、セルライト
     http://www.ashiyase.net/mailmag/vol4.htm


 ★ セルライト発生-3つの要因
     http://www.ashiyase.net/mailmag/vol5.htm   


 ★『セルライトがすっきり 美脚痩身術』 
     https://tinyurl.com/hbgkbgw   


 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ナターシャ・スタルヒンの情報サイト 
        http://www.nstimes.info/


 ■フェイスブックでのフォローは
 http://www.facebook.com/starffin/
 
 ■無断での転載・コピぺは厳禁!
  Copyright(C)Natasha Starffin All Rights Reserved.
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━