ナターシャの
「下半身がみるみるヤセる!」

下半身太りに悩むあなたのため、憧れの下半身を手に入れる方法、教えます。 正しい方法で挑めば、あなたの下半身だってみるみる細くなります。 魅力的な美脚づくりが実現するまで、私がバックアップするから大丈夫。 美脚痩身ノウハウの大人気メルマガ、「下半身がみるみるヤセる!」のバックナンバーです。

メルマガ登録はこちら

(PC用アドレスのみ登録可)

メールアドレス

メールアドレス

美脚指導歴30年以上の経験と知識にもとづいた、大人気メルマガです。脚を細くするためのノウハウは、簡単でわかりやすいと大好評!お得情報も配信中!

プロフィール

ナターシャ・スタルヒン

美脚クリエーター、ホリスティック栄養学修士として、マスコミ、講演などで活躍。人気著書に、「食べて動いて「美脚」になる50の習慣」、「セルライトがスッキリ美脚痩身術」など。

第294号 イライラ太りの正体は?


 
 これであなたも超・脚・美・人!                第294号
  ∽───────────────────────────∽
  ナターシャの
    下 半 身 が み る み る ヤ セ る 
        
  ダイエットすると胸ばかり小さくなって、かんじんの下半身は
  ちっともやせないと嘆くあなた。そんなあなたに、下半身痩せ
  指導歴約30年、美容健康界カリスマ、ナターシャ・スタルヒンが
  下半身をホッソリさせる美脚痩身術の全ノウハウを伝授します。
 
                    URL http://www.nstimes.info/
 ∽───────────────────────────∽
 このメールマガジンは、こんなあなたにおすすめします・・・     
 
 ● お気に入りのパンツ、太ももで引っかかってはけない人
 ● ふくらはぎが太くて、スカートを履くのをためらっている人
 ● ゾウ足で、なにを着ても似合わない人
 ● 上は9号、下は13号しか買えない人
 ● 下半身のことがコンプレックスで自分に自信がもてない人
 ● もうちょっと脚が細ければ、人生変わるのにと思ってる人
 ● 深くスリットの入ったタイトスカートで、大胆に脚を組んで
   男性の視線を釘づけにしたい人 
 ● とにかく脚を細くしたいんじゃ~~~!!!という人
 
    さあ~、今すぐ見せたくなる脚にチャレンジ!GO!!
 


 


 朝早くからの運動会をしてしまった
 美脚クリエーター、ナターシャ・スタルヒンです。
 
 孫が一人暮らしをはじめることになり
 ネット開通工事の立ち合いを頼まれた。


 朝一での工事なので、


 7:50の電車に乗るべく家を出たけど
 駅で、スマホを忘れたことに気づいた~!


 工事の人から連絡がはいるので、
 今日だけは、スマホなしはNG!


 猛ダッシュで家にもどり、スマホを
 鷲掴みして、Uターンして爆走。


 息はフーフー、心臓バクバク、
 足はガクガク・・。 
 
 疲れドド~~~ッで、一日中
 仕事にならなかったのサ。


 さあ、それでは今日も元気に


 あなたの美脚づくり
   いってみようか~っ!


 


 ◇ イライラ太りの正体は?
 ◇◇----------------------


 イライラしたり、ストレスが
 たまってくると、甘いものが


 無性に食べたくなったり、
 ヤケ食いしちゃったりで、


 せっかく続けていたダイエット
 失敗~ぃ!なんていうことに・・。


 あなたも、そんな経験
 あるんじゃないかな?


 これは、あなたの意志が弱いから、
 ってことではなく、脳が・・より


 正確には、脳内の神経伝達物質が
 あなたをそのような行動に
 しむけているんだよ、って


 お話ししたことあったよね?
  http://www.ashiyase.net/mailmag/vol67.htm


 ストレス状態がつづくと、体は
 かき乱された状態を元に戻そうと


 さまざまな反応がおこって
 くるのだけど、そのときに


 大活躍するのが、副腎。


 副腎というのは、腎臓の上に
 ちょこんと乗っている臓器で、


 小さいけど、そのパワーっていうか
 体全体に及ぼす影響力は絶大なの。


 副腎は40種類以上のホルモンを
 つくっているところだけど、


 その中心的存在、ストレス反応の
 カギともいえるのが、


 「コルチゾール」ね。


 


 ◇ あなたを太らせる過剰分泌
 ◇◇------------------------        


 コルチゾールは、ストレスから
 あなたの体を守ってくれる
 重要なホルモンだけど、


 慢性ストレスや、ちっちゃな
 ストレスがつづいたりすると


 あなたにとって、好ましくない
 状況をいろいろ発生させちゃう。


 たとえば、ストレス対応時には
 エネルギーが多く必要になるので


 コルチゾールは筋肉を分解して
 ブドウ糖に変えたり(糖新生)、


 タンパク質合成を抑制したりする。


 基礎代謝アップに重要な
 成長ホルモンやDHEA、


 甲状腺ホルモン、IGF-1
 などを減少させるので、


 筋肉はどんどん減っていき、
 基礎代謝は低下してしまう。
     (つまり、太る)


 コルチゾールはまた、血中の糖を
 高レベルに維持しようとするから


 細胞に糖が取り込まれないように
 インスリンの働きを低下させる。


 食欲をコントロールしているレプチンの
 作用が低下するから、過食するように...。
 
 甘いものを渇望するようにもなるね。


 そもそも生体のストレス反応って
 敵に遭遇した時、サバイバルのため


 “逃げるか、戦うか”に
 備えるためのもの。


 そのときのエネルギーづくりに
 血糖が使われれば問題ないけど、


 現代社会でのストレスって
 ライオンとかに出会って、


 「逃げなくっちゃ~」なんて
 いうものと違うから、


 そのための糖が使われぬまま
 脂肪に変換されて蓄積されちゃう。


 「もう甘いものは、やめる」
 「ぜったいに、食べ過ぎない!」
 などなど、


 何回も自分に誓いをたてるより、
  (実はそれもストレスになる!)


 コルチゾールのコントロールを
 うまく考えていかなくちゃ!


 なにはともあれ、まずは、
 コルチゾールが過剰分泌
 しないよう、


 ストレッサー(ストレス要因)を
 取り除くことが先決ね。


 そして、よく寝ること。
 それと、運動。


 あったり前のことではあるけど、
 大切なことなので、次の機会に


 きちんとお話ししようね。


 


 ◇ あとがき
 ◇◇---------


 次の約束まで時間があったので
 孫の洗濯物を片づけてあげようと、


 使ったことのない洗濯機を
 いじったのが悪夢のはじまり。


 乾燥機を途中で止めたら
 ドアロックがかかったままに…!


 頭を悩まし、色々やってみても
 ドアロックの解除ができず、


 洗濯機に貼ってあったサービス
 センターの番号に、スマホで連絡。


 別の番号にお掛けなおしくださいと
 番号の案内が流れはじめたので、


 慌てて、キッチンにすっとんでいき、
 メモれるものを出そうとしている内に
 切れてしまい、再度、電話。


 メモった番号に掛けたら、いきなり
 「*か#を押してください」


 そんな言われたって電話かけている
 画面にはダイヤル表示板なんてない!


 どうすりゃいんだ~、と
 あたふたしているのに、


 「番号を確認できません」
 「希望の番号を押して下さい」が
 くり返される。


 終了ボタンを押すにも画面が
 真っ暗で、ボタンがない!


 あ~~~、もう~~~~!!!


 仕方なくスマホそのものを
 シャットダウン。


 再度、トライしてみると
 〇〇は1を、△△は2を
 と案内がつづくのだけど


 「洗濯機」というキーワードが
 でてこない。????


 再度、掛けなおし、注意深く
 聞いていると、なんか、おかしい。


 仕方なくGoogle検索してみると
 メモった番号の一つが、ちょい
 ズレていたことが判明。


 さんざん右往左往したけど
 やっとサポートにつながり、


 状況を説明したら、あっさり、
 「〇〇してください」と…。


 そのとおりにしたら、カチャ。


 お~。すぐにロック解除!
 あまりにも


    簡単なことでしたから~~~っ!
 
 
 あなたの下身がスッキリしますように…


 今週中に【号外】を出すつもり。
 ぜひ、読んでねっ!


 そのとき、また、お会いしましょう!


 


 *************************
   エイジングケアは、
 血糖値コントロールに注目!
     ↓ ↓
 http://tinyurl.com/mg8x3q4
       プチッと
  *************************


 


 >>> 今日のおすすめリンク


 ★ “ストレス太り”は本当だった!
   長期のストレスが肥満に直結!
   http://tinyurl.com/ljame8h


 ★ 自分にあったストレス対策を
   http://www.ashiyase.net/mailmag/vol260.html


 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ■ナターシャ・スタルヒンの情報サイト 
        http://www.nstimes.info/


 ■フェイスブックでのフォローは
 http://www.facebook.com/starffin/
 
 ■無断での転載・コピぺは厳禁!
  Copyright(C)Natasha Starffin All Rights Reserved.
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━