ナターシャの
「下半身がみるみるヤセる!」

下半身太りに悩むあなたのため、憧れの下半身を手に入れる方法、教えます。 正しい方法で挑めば、あなたの下半身だってみるみる細くなります。 魅力的な美脚づくりが実現するまで、私がバックアップするから大丈夫。 美脚痩身ノウハウの大人気メルマガ、「下半身がみるみるヤセる!」のバックナンバーです。

メルマガ登録はこちら

(PC用アドレスのみ登録可)

メールアドレス

メールアドレス

美脚指導歴30年以上の経験と知識にもとづいた、大人気メルマガです。脚を細くするためのノウハウは、簡単でわかりやすいと大好評!お得情報も配信中!

プロフィール

ナターシャ・スタルヒン

美脚クリエーター、ホリスティック栄養学修士として、マスコミ、講演などで活躍。人気著書に、「食べて動いて「美脚」になる50の習慣」、「セルライトがスッキリ美脚痩身術」など。

第5号 セルライト発生ー3つの要因

   これであなたも超・脚・美・人!                 第 5 号
 ∽―――――――――――――――――――――――――――――――――∽
   ナターシャの
     下 半 身 が み る み る や せ る         
                     
   ダイエットすると胸ばかり小さくなって、かんじんの下半身は
   ちっともやせないと嘆くあなた。そんなあなたに、下半身痩せ
   指導歴26年、美容健康界カリスマ、ナターシャ・スタルヒンが
   下半身をホッソリさせる美脚痩身術の全ノウハウを伝授します。
 
                     URL http://www.nstimes.info/
 ∽―――――――――――――――――――――――――――――――――∽
 このメールマガジンは、こんなあなたにおすすめします・・・
 
 ● お気に入りのパンツ、太ももで引っかかってはけない人
 ● ふくらはぎが太くて、スカートを履くのをためらっている人
 ● ゾウ足で、なにを着ても似合わない人
 ● 上は9号、下は13号しか買えない人
 ● 下半身のことがコンプレックスで自分に自信がもてない人
 ● もうちょっと脚が細ければ、人生変わるのにと思ってる人
 ● 深くスリットの入ったタイトスカートで、大胆に脚を組んで
   男性の視線を釘づけにしたい人  
 ● とにかく脚を細くしたいんじゃ~~~!!!という人
 
    さあ~、今すぐ見せたくなる脚にチャレンジ!GO!!!
 
 
 「大安」は6日ごとってきまっていると思ってたのに・・
 なにぃ~?! 今回はなか4日かぃ~~~!!
 
 いきなり気づいて大あわて・・・
 ずっこけて、またケガしそうになったけど、
 今日は、セ~~~~~フ!! 
 
 「大安」にだけは絶対ケガしない、美脚クリエーター、
 ナターシャ・スタルヒンです。
 
 名前はもちろん、顔も、図体も、まるっきし外国人、but・・・

 日本の暦には、大いにこだわります。

 大安だと、なんかいいことありそうだから、
 なにをするにも積極的になれちゃう。

 仏滅だと、何をするにも失敗しそう。
 だから、外出は極力ひかえ、約束なんか絶対しない。

 とうぜん、メルマガも「大安の日」配信。
 あなたの下半身痩せ、最高の結果がでるようにサ。
 
 だから、今日もガンバって、あなたの美脚づくり、
 いってみよっか~~~っ!
 
 
 ◇ セルライト発生ー3つの要因
 ◇◇--------------------------
 
 ほとんどの女性は遺伝的要素やホルモンの影響で、

 どうしても上半身からヤセて、
 下半身から太っちゃう。

 だから、

 ダイエットをくりかえせば、
 まちがいなく下半身デブになるの。

 あなたは何回、ダイエットしては、リバウンドしてる?
 
 2回? えっっ!!!6回~~ぃ???
 それじゃ、立派な下半身していてあたりまえだわ~!

 でも、それだけではセルライトの原因にはならないのよ。

 セルライトは、「ダメージをうけた脂肪組織」と話したけど、
 脂肪組織の損傷は3つの要因からおこるんです。

 その3つとは、

 1)微小循環障害

 毛細血管の血液の流れがうまくいかなくなると、
 細胞に酸素や栄養素をとどけられなくなり、
 細胞も組織もまともに働けなくなってしまう。

 2)静脈の障害

 静脈血は重力にさからって流れているのだけど、
 ちょっとしたことで流れがとどこおると、
 血液は脚にたまってきます。

 これが長時間つづくと、老廃物や毒素も停滞。
 静脈壁にダメージをあたえ、静脈はもれやすく・・。
 血液中の水分は組織にでて、たまって、むくみに。

 3)リンパ排液の障害

 組織のよぶんな水分や老廃物は、下水道のように働く
 リンパ管によって回収されます。

 これがうまく働かないと、

 トイレがつまっちゃうようなもんで、
 水や汚物が組織内にあふれてしまいます。

 むくみとは、リンパ液が停滞している状態をいうのだけど、
 この液体には、毒素、有害物質がいっぱいなのよ!!
                       (バッチィ~~~)
   
 
 ◇ トラブル重なり、最悪のシナリオに
 ◇◇--------------------------------

 1つにでもトラブルが発生すると、
 ほかの2つにも影響がでて、

3つすべての要因がからみあって、 厄介なセルライトに・・・。 たとえば、 静脈に問題があって、 血液中の水分が組織に漏れだしても、 すぐにとり除かれれば、状況はすぐに解消。 むくみにもならない。 でも、 漏れだす水分が急にふえたり、 リンパ系に問題があったら・・・? うまく水分はとりのぞかれないし、 毒素たっぷりの水分がたまって、むくみが生じ、 ダメージはますますひどくなるばかり。   しかも悪いことに、 リンパ管って、もろくて、外からの圧力で 簡単につぶれたり、こわれる。 だから、リンパの流れも阻害されやすいの。   この流れが阻害されると、 ふくまれているタンパク質がジェル状になって、 リンパ液はドロドロ状態になって、流れはますます悪く・・。 悪循環だよね。
微小循環、静脈・リンパ排液のトラブルが重なって、 あなたの下半身にはセルライトがドッカリ居座る・・。   なにがこうしたトラブルの引き金になるのか・・・ あなたのライフスタイル、要チェックだよ~~ん! くわしくは、次号で・・・   ◇ あとがき ◇◇--------- 昨日は、ひさびさに東急ハンズにお買いもの。 お目当てのものが見つからず、店員さんに、 「あの~、キャットパットはどこにありますか?」ときいたら、 英語はわからんという顔して、私を見つめ返した。 「この位の大きさの、キャットパット・・」とくり返しても、 どうにもわかってもらえない。       ↑ もちろん日本語なのに!   なんでわかんないの~~???と思いつつ、 身ぶり手ぶりで、一生懸命説明をこころみる私。 「ほら、パソコンの横でちょこちょこ動かすやつの下に敷く~・・・」 それをきいていた別の店員さん、遠慮がちに、 「マウスパットのことですか~ぁ?」   ネコとネズミのまちがいに気づいたその瞬間、 私の顔は火を噴いた!         (お~、まっ赤っか~~!!) 「それだったらどこに?・・」。 小声できいて、逃げるようにその場を立ち去った。。。。。。 だから、仏滅に買いものいくの
   
    イヤなんだ~~~ぃ!
 
あなたの下半身が一日も早くスッキリしますように・・ では、また、つぎの大安の日にお会いしましょう!      ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ■発行者:   ナターシャ・スタルヒン    URL:    http://www.nstimes.info/   ■無断での転載・コピぺは、厳禁!    Copyright(C)Natasha Starffin All Rights Reserved.  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━   ※いただいたメールはかならず目を通しますが、 お返事できないこともしばしば。ごめんなさい。m(_ _)m