ナターシャの
「下半身がみるみるヤセる!」

下半身太りに悩むあなたのため、憧れの下半身を手に入れる方法、教えます。 正しい方法で挑めば、あなたの下半身だってみるみる細くなります。 魅力的な美脚づくりが実現するまで、私がバックアップするから大丈夫。 美脚痩身ノウハウの大人気メルマガ、「下半身がみるみるヤセる!」のバックナンバーです。

メルマガ登録はこちら

(PC用アドレスのみ登録可)

メールアドレス

メールアドレス

美脚指導歴30年以上の経験と知識にもとづいた、大人気メルマガです。脚を細くするためのノウハウは、簡単でわかりやすいと大好評!お得情報も配信中!

プロフィール

ナターシャ・スタルヒン

美脚クリエーター、ホリスティック栄養学修士として、マスコミ、講演などで活躍。人気著書に、「食べて動いて「美脚」になる50の習慣」、「セルライトがスッキリ美脚痩身術」など。

第67号 甘~いワナにはまってる?

   これであなたも超・脚・美・人!     第 67 号
 ∽――――――――――――――――――――――――――――∽
  ナターシャの
    下 半 身 が み る み る ヤ セ る 
        
  ダイエットすると胸ばかり小さくなって、かんじんの下半身は
  ちっともやせないと嘆くあなた。そんなあなたに、下半身痩せ
  指導歴約30年、美容健康界カリスマ、ナターシャ・スタルヒンが
  下半身をホッソリさせる美脚痩身術の全ノウハウを伝授します。
 
             URL http://www.nstimes.info/
 ∽――――――――――――――――――――――――――――∽
 このメールマガジンは、こんなあなたにおすすめします・・・
 
 ● お気に入りのパンツ、太ももで引っかかってはけない人
 ● ふくらはぎが太くて、スカートを履くのをためらっている人
 ● ゾウ足で、なにを着ても似合わない人
 ● 上は9号、下は13号しか買えない人
 ● 下半身のことがコンプレックスで自分に自信がもてない人
 ● もうちょっと脚が細ければ、人生変わるのにと思ってる人
 ● 深くスリットの入ったタイトスカートで、大胆に脚を組んで
   男性の視線を釘づけにしたい人 
 ● とにかく脚を細くしたいんじゃ~~~!!!という人
 
  さあ~、今すぐ見せたくなる脚にチャレンジ!GO!!!
 
 
 
 
 杉山弘道さんのメルマガで知った脳年齢テスト。
 一発で、「20代後半」と判定され
 
 ひさびさに、超~~~ハッピー気分の
 美脚クリエーター、ナターシャ・スタルヒンです。
 
 
 名前はもちろん、顔も、図体も、まるっきし外国人、but・・・
 なんたって江戸っ子だから、思考は単純。
 
 都合のいいことは何だってそのまま信じます。
 思っていることはストレートに相手にぶつけます。
 
 胸にしまっておくことなんてできません。
 
 そんなことしたらストレスいっぱいたまって
 ケーキ10個たいらげる羽目になっちまうのサ。
 
 
 さあ、今日もガンバって、あなたの美脚づくり
 いってみよっか~~~っ!
 
 
 
 ◇ 甘~いワナにはまってる?
 ◇◇---------------------
 
 脚が太くなる人って、しょっぱいものか
 甘いものが大~~い好きって人がほとんど。
 
 あなたはどう?
 
 
 甘いものは脂肪のもとになるって知ってるよね。
 
 そんなものばかり食べていたら
 いっこうに脂肪はへってくれないし
 
 美脚も夢のまた夢・・
 
 
 でも、
 
 精神的に落ちこんだり、イライラすると
 甘いものばっか食べたくなるよね。
 
 マイナス感情が優勢になると脳内のセロトニンや
 幸せな気分にしてくれる快楽物質のレベルが低下。
 
 脳は「何か食べろ!」と命令をだすの。
 
 
 脳の命令にすぐこたえるには
 セロトニンレベルを急上昇させる
 甘いものが一番。
 
 だから無意識に甘いものを選んじゃうのね。
 
 
 あなたの意思が弱いってワケじゃない。
 しょせん脳の命令には逆らえないってこと。
 
 
 甘いものを食べると心が落ちつき癒されるよね。
 でも、それって一時的なことでしょ?
 
 すぐにまた食べたくなっちゃう。
 
 お腹はいっぱいになっても、
 心がみたされないないから・・・??
 
 いいえ。
 
 実際は、脳のエネルギー要求量が
 みたされていないからなの。
 
 
 
 ◇ 脳は大食い!
 ◇◇----------
 
 感情を司るとされる「情動脳」は
 エネルギーを大食いするところなのね。
 
 怒ったり不安になったりイライラして
 情動脳を刺激しつづけると、
 
 エネルギー源としてのブドウ糖の
 要求量がどんどんふえてくるの。
 
 
 だから甘いものがほしくなるわけだけど
 ブドウ糖を燃やしてエネルギーをつくるには
 
 十分な酸素と多くのビタミンB群、さらに
 酵素やビタミンC、ミネラルも必要なの。
 
 糖だけではエネルギーはつくれないし
 脳の本当の要求はみたされないってこと。
 
 
 欲求不満の脳は、「もっと食べろ~」と
 信号をだしつづける。
 
 だからあなたは、また食べる。
 
 
 エネルギー化されない糖質は
 脂肪としてどんどん蓄積。
 
 からだは疲れやすくなるし
 精神的にもますます落ちこんじゃう…。
 
 
 こんな悪循環をたちきる方法はただひとつ。
 脳を満足させる食べ方をマスターするっきゃない!
 
 
 くわしくは、今日サイトにアップしたばかりの
 これを読んでね。↓ ↓ 
   http://www.nstimes.info/03-2007/healthymenu.html
             (脳の要求を満たす食生活 I)
 
 こちらは、もうちょっと身近かな・・
   http://www.nstimes.info/06-2004/special_report.htm
         (スリムなボディをつくるメカニズム)
 
 
 
 ◇ あとがき
 ◇◇-----------
 
 いつもどおりシャワーを浴びてから
 鏡のまえでドライヤーで髪の毛をかわかし
 
 ちょっと場所を移動しようと
 足を一歩ふみだそうとしたら
 
 グキッ!
 
 
 右の太もものつけ根あたりに激痛。
 
 右足で体を支えられず
 歩けな~~いっ!!
 
 
 ここのところ、まったく歩かない日がつづき
 太ももの筋肉が弱っちゃったナ~とおもって
 
 昨夜テレビみながら、いきなり、内もも鍛える
 ハードな筋力トレーニングしちゃった。  
 
 それでだ。。。。な~っとく。    
 
 
 でも~~~
 
 
      股関節脱臼しちゃったみたいですから~~~っ!
      (いきなりエクササイズにはご用心、ご用心!!)
 
 
 あなたの下半身が一日も早くスッキリしますように・・
 
 では、また、大安の日にお会いしましょう!
 
 
 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■発行者:   ナターシャ・スタルヒン 
   URL:    http://www.nstimes.info/
 
  ■無断での転載・コピぺは、厳禁!
   Copyright(C)Natasha Starffin All Rights Reserved.
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  ※いただいたメールはかならず目を通しますが、
  お返事できないこともしばしば。ごめんなさい。m(_ _)m