ナターシャの
「下半身がみるみるヤセる!」

下半身太りに悩むあなたのため、憧れの下半身を手に入れる方法、教えます。 正しい方法で挑めば、あなたの下半身だってみるみる細くなります。 魅力的な美脚づくりが実現するまで、私がバックアップするから大丈夫。 美脚痩身ノウハウの大人気メルマガ、「下半身がみるみるヤセる!」のバックナンバーです。

メルマガ登録はこちら

(PC用アドレスのみ登録可)

メールアドレス

メールアドレス

美脚指導歴30年以上の経験と知識にもとづいた、大人気メルマガです。脚を細くするためのノウハウは、簡単でわかりやすいと大好評!お得情報も配信中!

プロフィール

ナターシャ・スタルヒン

美脚クリエーター、ホリスティック栄養学修士として、マスコミ、講演などで活躍。人気著書に、「食べて動いて「美脚」になる50の習慣」、「セルライトがスッキリ美脚痩身術」など。

第78号 いい汗のあとに・・・

  これであなたも超・脚・美・人!      第 78 号
∽――――――――――――――――――――――――――――――∽
  ナターシャの
    下 半 身 が み る み る ヤ セ る 
        
  ダイエットすると胸ばかり小さくなって、かんじんの下半身は
  ちっともやせないと嘆くあなた。そんなあなたに、下半身痩せ
  指導歴約30年、美容健康界カリスマ、ナターシャ・スタルヒンが
  下半身をホッソリさせる美脚痩身術の全ノウハウを伝授します。
 
              URL http://www.nstimes.info/
∽――――――――――――――――――――――――――――――∽
 このメールマガジンは、こんなあなたにおすすめします・・・
 
 ● お気に入りのパンツ、太ももで引っかかってはけない人
 ● ふくらはぎが太くて、スカートを履くのをためらっている人
 ● ゾウ足で、なにを着ても似合わない人
 ● 上は9号、下は13号しか買えない人
 ● 下半身のことがコンプレックスで自分に自信がもてない人
 ● もうちょっと脚が細ければ、人生変わるのにと思ってる人
 ● 深くスリットの入ったタイトスカートで、大胆に脚を組んで
   男性の視線を釘づけにしたい人 
 ● とにかく脚を細くしたいんじゃ~~~!!!という人
 
  さあ~、今すぐ見せたくなる脚にチャレンジ!GO!!!
 
 
 
 
 スイッチを入れてもパソコンが立ち上がらない!
 頭のなかが真っ白け、何をどうしたらいいかわからない
 
 美脚クリエーター、ナターシャ・スタルヒンです。
 
 
 名前はもちろん、顔も、図体も、まるっきし外国人、but・・・
 自分でもイヤになるくらい、きかい類にはうといんです。
 
 学生時代から手動のタイプライターを使っていたので
 キーボード操作は超早いし、か~~んぺきです。でも、
 
 PCとなると、やれ設定だ、プリンターがおかしい、
 アップデートしなくちゃ、ネットワークがつながらない、
 ソフトの入れ替えだ~、あ~大事なファイル消しちゃった~
 
 な~んてやっているばかりで時間をくって
 かんじんの仕事はまったく、はかどらないのサ。
 
 
 さあ、今日もガンバって、あなたの美脚づくり、
 いってみよっか~~~っ!
 
 
 
 ◇ "いい汗"かいてから
 ◇◇-----------------
 
 お風呂でてから汗がとまらないけど
 夏にアロマオイル使っていいですか?
 
 そんな質問が最近おおいの。
 
 
 もちろん夏にアロマオイルをつかうのはかまわない。
 でも、汗をめいっぱいかいているときは控えてね。
 
 夏にかぎらず、入浴後に汗がでているときは
 からだが排泄モードになっているとき。
 
 とうぜん、ヒフから有効成分は浸透しないよね。
 かならず汗がひくのをまってから使うこと。
 
 
 えっ?汗がなかなかひかないから使えない???
 ひょっとして、ベタベタした乾きにくい汗?
 
 それは、「休眠汗腺」がめざていないからよ。
 
 
 私たちの汗腺には、活動中の能動汗腺と
 活動してない休眠汗腺があるんだけど
 
 暑い季節は、休眠汗腺がめざめて
 能動汗腺のかずがふえるの。
 
 つまり、汗の出口がふえるわけだから
 1つの汗腺から出る汗の量は逆にへって
 
 サラサラですぐ乾く“いい汗”になるのね。
 
 
 でも、夏場でも休眠中の汗腺が多いままで
 能動汗腺がふえてくれないと
 
 すくない出口に汗が集中して、大粒の汗になるの。
 
 こんな汗は蒸発しにくくベタベタして不快感があるし
 「体温を下げる」という汗の目的がはたせない。
 
 だから、体はますます汗をつくりだすようになるの。
 
 外出先で大汗かいたり、入浴後汗がとまらないのは
 新陳代謝がさかんで健康的!というわけじゃ~ないのよ。
 
 
 汗かくのがイヤだから夏場はシャワーだけ
 な~んていってたらベタベタ汗は改善しないよ!
 
 能動汗腺の機能アップにはお風呂がグッド。
 
 43℃の熱めのお湯にヒザから下だけをつけて10分。
 熱い湯のしげきで、汗腺がめざめて働きが高まるの。
 
 そのあと、 
 お湯に水を足して36℃くらいのぬるま湯にして
 半身浴か全身浴で15分程度ゆっくりリラックス。
 
 風呂あがりは、水分をふきとったあとに
 しっかり汗をかいて自然に汗を蒸発させること。
 
 エアコンはダメよ。冷房で急に肌表面がひえると
 せっかくひらいた汗腺がとじてしまうから。
 
 水分補給して、15~20分くらいは休むこと。
 
 汗がひいたら、いよいよアロママッサージね。
 
 
 
 ◇ 夏はマッサージを見直そう
 ◇◇-----------------------
 
 マッサージといっても夏場はあまり頑張らず
 アロマを塗布しながらストローキング程度がいいね。
                 http://www.ashiyase.net/mailmag/vol35.htm


  ナターシャズ・アロマにブレンドしている精油は
 それだけでも強力にセルライトに働きかけてくれるから
 
 汗だくになってヘビーなマッサージは必要なし。
 ただ、強さと方向には気をつかってね。↓ ↓
                  http://www.ashiyase.net/mailmag/vol34.htm
 
 
 この季節、脚全体にオイルを塗るのが重ければ
 ヒザから下だけのストローキングでも効果的よ。
 
 これまで何回も注意してきたけど
 あざができるほどの強いマッサージは絶対やめてね。
          http://www.ashiyase.net/mailmag/vol14.htm
                
 
 
 あと一つ、夏場にアロマオイルを使うときに
 気をつけてほしいことがある。
 
 オイルを塗ったままでバンデージを巻いて
 そのまま寝ると、ど~しても寝ている間に
 
 汗をかいて、ヒフのトラブルをおこしやすいの。
 だから、
 
 オイルをよ~く塗り込んで30分くらいしたら
 表面のオイルはホットタオルでふきとるといい。
 
 「もったいな~~ぃ!」なんて思わないで。
 
 セルライト改善にもっとも重要な有効成分が
 ヒフに浸透するのは、せいぜい30分程度なの。
 
 冬場だったら、お布団にはいってからも
 アロマの香りの効果が期待できるけどね・・。
 
 
 
 ◇ あとがき
 ◇◇-----------
 
 先週の「なんでも鑑定団」という番組で
 父、スタルヒンにまつわるお宝が・・。
 
 数週間前に私に出演依頼があったのだけど
 父のバットも、グローブもトロフィーも
 
 すべて野球博物館に寄贈しちゃったから
 私の手元に父のお宝なんてな~~んにもなし。
 
 だから、出演はことわったの。
 
 
 番組にでてきたお宝は、1枚のハガキ。
 
 といっても300勝を記念してつくられた
 父がにっこり笑ったサイン入りの写真つき。
 
 鑑定結果は、おどろきの35万円!!
 
 
 番組おわるやいなや古いアルバムひっくりかえして
 父のサイン入り写真
 
 探しちゃいましたから~~~~~っ!
 (でも、なかった~。家族の写真にサインはしないよな~っ)
 
 

 あなたの下半身が一日も早くスッキリしますように・・
 
 では、また、大安の日にお会いしましょう!
  
 
 
 
 >>>>  今日のおすすめリンク 
 
  ★ 強さと方向にまず気をつけよう
    http://www.ashiyase.net/mailmag/vol34.htm

         
   ★ 脂肪つぶし、やってる?
    http://www.ashiyase.net/mailmag/vol14.htm
                               プチッと
 

 
  >>> 5種類のエッセンシャルオイルがたっぷり♪
         http://tinyurl.com/p5n8jyg 

 
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■発行者:   ナターシャ・スタルヒン 
    URL:    http://www.nstimes.info/
  
  ■無断での転載・コピぺは、厳禁!
   Copyright(C) Natasha Starffin All Rights Reserved.
 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
  ※いただいたメールはかならず目を通しますが、
     お返事できないこともしばしば。ごめんなさい。m(_ _)m